マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よこしゃも 【芋】
近代麻雀で連載が始まって2話目、読者の期待もそこそこある漫画だが。
僕は2話目を見て、見切りを付けたというか、あと3話ほどで終わるかなぁという終戦気分に浸っている(予想を上回って欲しいが)。


2話目で大関を出しちゃダメだろう
いきなりラスボス、みたいなもんだ。
しかも大関の強さを際立たせるために、土俵上で横綱”天鳳”を投げ飛ばしてもうた('A`)
この大関編が終わったら、次の相手誰か残ってるのか?


あと主人公のキャラが軽すぎる。
1話目もだが、「結局俺が勝つから」という前提で余裕をぶっこいている。
もちろん漫画だから勝つんだけどね・・・
そんなナメた姿勢の奴が、麻雀横綱でいいのか?
ナグモにはそういう余裕がない。
その余裕のなさがリアリティーに繋がる。


余談だが、大関にぶっ倒されて身体の自由が利かなくなった大金。
「アッチの土俵でこの俺が 休場するワケには・・・」と決意を語った大金。
その大金が、
「ハハ なんとか休場はまぬがれたようだね」
と、まむしドリンクを持ってヒョイと現れたときには、
ひょっとこ顔のutemasukaを連想してしまった。


東1局 東家 ドラ三筒
三萬四萬五萬赤五萬六萬三筒四筒四筒六索六索六索七索八索 ツモ七索
「これが大関の麻雀よ」と四筒を切ったところに感心した。
普通に見ると7ツモ切り。
こういういわゆる完全シャンテンで、縦をはずすことは稀だ。
あったとしてもそれは先切りであって、牌効率に沿っての打牌ではない。


しかし、この形で(4)を切るのは好判断だ。
大関は次に三をツモったが、これだと7切り→(4)切りとしても大差はない。
しかし、ドラ(3)や、58をツモったときの変化が大きい。
三四赤五五六 (34) 666778 ツモ8 6切り
(344)の(4)を残していても、それが活かされる時はドラが出て行く時。
ならば(4)を切り、さらに好打点、好形を望める形にする。
実戦でも出てきそうなパターンだ。
まぁ実戦だとドラ(3)で(344)の場合、シャンテンになる前に(4)をはずしている可能性もあるが。
スポンサーサイト

頭が悪い人の(3)切り。 【芋】
記事を書く時間があまりないので、福地誠blogを拝借する。
東場 親 5巡目 ドラ東
五萬六萬七萬三筒五筒七筒四索五索六索七索七索八索東東


この何切るが近代麻雀のコラム「頭がいい人、悪い人の麻雀」に載ったのは、もう大分前の話しだと思う。
その問題をまた掘り返すということは、福地さんがいかにこのコラムへの批判に対し執着しているかが窺える。


さて何を切るかだけれど、2ちゃんねる多数派三筒切りで良いだろう。
というか思うのだが、この問題はほんと上手くできすぎている。
何切るクイズのような本で出題されていれば、良問だろう。
それぐらい(3)切りの良さが見事に引き出され、頓知が利いている。


ドラのポンテンに構えられるように縦を残す。
また、7を残すことで、ツモ69で三色が見える。
鳴けるという有利さもある。
69チーで5800テンパイ。
(6)チー時もドラバック12000の2枚より、三色5800の7枚に受けるべきだろう。
五六七 56778 東東 チー(567) ドラ東
もし東が出たら、ポンして58に受けかえればいい。


たぶん、こんなことはもう2ちゃんねるで散々議論し尽くされているはず。
美しい・・・美しすぎる(3)切り。
皆、この(3)切りの美しさに惹かれたからこそ、福地さんの「正解:七索切り」に対して噛み付いたんだと思う。
この問題がもし三色の絡まない平凡な形だったら、「まぁ、それもいいんじゃね?」ぐらいで通りすぎたかもしれない。


福地さんは、近代麻雀08年4/1号にもこの兄弟形を載せている。
東場 親 5巡目 ドラ三筒
三萬四萬五萬一筒三筒五筒二索三索四索五索五索六索東東
そして再度五索切り推し。
今度はドラが(3)になっているので、三色チーテンは2900しかない。
また、(135)のドラ含みリャンカンにしてるところも上手い。
これでも、これでも(1)切りだろうと僕は思うが(なぜ三色形にする!?、そしてダブ東にする!?)、これは福地さんの意地を見せてもらったという感じだ。


福地さんのコラムは正解が何にせよ考えさせられる。
また、これだけ2ちゃんねるの存在を意識してくれる人もレアなので、僕としてはちょっと嬉しい。

近代麻雀4/1号の何切る問題への回答 【芋】
少し記事が遅いが、近代麻雀に4/1号に載っていた何切る問題のいくつかをピックアップ。


南1局 西家 7巡目 22,000点 ドラ九
七萬八萬九萬三筒三筒五筒七筒九筒四索五索八索九索九索 ツモ四筒


打牌候補は8と(3)。
この2つの比較は微妙なところ。
8切りのメリット
・ツモ(24)でのピンフ手変わり
(3)切りのメリット
・ツモ457で三色が見える。
(3)切り→45ツモは、リャンメンを見切っての三色受けであり、さほど嬉しくない。(それでも三色に受けるだろうが)
ならば素直にピンフに伸ばす八索切りにしたい。
ちなみに、8切り→(2)ツモなら、
七八九 (233457) 4599
で(6)受けが残っている。


東3局 南家 7巡目 25,000点 ドラ(7)
四萬六萬六萬四筒四筒四筒五筒七筒五索五索六索七索八索 ツモ三筒


この手も悩ましい。
が、(3445)の形を活かしてピンズ変化を見たとしても、ドラが出て行ってしまう。
またマンズ、ピンズのどこかをはずしても形が弱くなる。
それならドラ固定の三筒ツモ切りでいいと思う。
ちなみに本誌解答の5切りのシャンテンはずしは僕の候補になかった。
が、ツモ476や三で、弱い部分を縦フォローしたシャンテンになるので、決して悪手じゃないと思う。
とは言え、やはりドラが(7)でなければ、といった感じ。


ふと思ったが、本誌解答を見る前にこの記事を書くべきだった。
解答を見てしまうと、どうしてもその解答に左右されてしまう。
すると、「本誌解答との比較」という形の文章になってしまう。


最後に、
南1局 東家 8巡目 14,000点 ドラ9
三萬四萬四萬五萬六萬五筒六筒六筒七筒八筒八筒二索三索 ツモ四萬


これを即(6)切りだと思ってしまったことに反省。
本誌解答通り、間違いなく三萬切りが正解だろう。
三四四四五六の形の強さに気が取られた、が、三切りでも同等の受け入れが残る。
かつ一盃口。
即決で間違えるということは、間違った切り癖が付いている可能性があるので気をつけたい。

志賀様 【芋】
ビジネスは極めた 次は麻雀界を席巻する

我らが愛すべきデジタル雀士志賀様がまたやってくれたぜ
オーラス45,000点持ちのトップ目から二筒をリャンメンチー
八萬八萬二索四索四索五索七索七索八索西西 チー二筒横三筒四筒
「後付けは和了率が低下しないと、データで出ているのさ」
さすが志賀様、ベタオリしてりゃ余裕のトップ通過なのにまさかの役牌バック
そこが痺れるぅうううう憧れるぅううううううううう


以前雀鬼やら哭きの竜やら安藤満やら荒正義やらなんでもかんでも登場させて対決させた『覇王』かなんかって漫画があったが、あれも相当酷かった。
が、今回の『アカツキ』もそれに決して引けを取らない。
なぜ麻雀プロが出てくる対決漫画はこれほどまでに陳腐なストーリーなのか。
いや、それにしてもアカツキは酷すぎる。
せめて・・・お色気っ・・・! ガッ・・・!ガッ・・・!
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。