マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芋】 暗刻の発まで読めるトコ。
ブザマな負け方をしたので牌譜検討
3位 芋@08’(-16) 非効率打法(+5) やかましいわ(+42) マー君1号(-31)
http://tenhou.net/0?log=2008080814gm-0029-0000-x2d198d45ebb2&tw=1


一番問題だったのは、南2で34500点持ちから混一色に振り込んだところ。
これがそのシーン。
WS000112.jpg
既に二、七と切って最後に一で振り込んでるわけですから、全くテンパイを見極められてなかったってことです( ´ω`)
まだ上家はマンズを1枚も切ってませんが、染め手で初牌のダブ南、中と連続で落としてるわけで。
むしろテンパイ濃厚でした。


押してるときは、「もし振り込んでも発か赤を持ってなければ3900止まり」なんて思ってて、対面が国士っぽい怪しい捨て牌だからここが発持ってるかもしれないし~、、、なんてこと考えながら押しましたよ。
二萬三萬六萬七萬八萬北北發發發 ポン白横白白 ロン一萬
発持ってました( ´ω`)
でもこれ上家の切り順がダブ南中っていう部分から、発を上家が持ってることを推測できたんだよなぁ。
さらに言えば、二や七を切ったときに全くラグが発生しなかったので、そこから非効率打法さんが 鳴きナシボタンを押している=テンパイしている と読むこともできた。


最近自分がリードした途端にあたふたし始めて、押し過ぎたり仕掛け躊躇したりして情けない麻雀打ってる。
やっぱ南2までは持ち点無視で打った方がいいのかな。
もしくはセーフティリード、というものに対しての基準を作っておくべきか。


あとオーラス、
WS000113.jpg
4000点以上のアガりが欲しいところ。
手順はチートイシャンテン維持の32落としって分かっていたのに、(66)を落としてしまった。
タンチーの3200点に取りたくなくて、けどどう考えても32落としだな。
ポンテンに取れるし、なによりそこからスムーズにトイトイへ移行して5200点をアガりにいけるジャマイカ。
スポンサーサイト

【芋】 親のドラポンへの対応
最近全く記事を書いていなかった(^ω^ ;)
麻雀的な理由としていくつかある。
一つは特上に来てから打つ回数が増えたこと。
その分ブログを書く時間が奪われてしまった。
そしてもう一つ、特上で苦戦していること。
放銃率と和了率のバランスは悪くない。
しかし結果に結びつかない。
そんなことが続く内にブログを書くどころではなくなってしまった。
またどーでもいいようなことをどんどん書いていけたらいいのだが


天鳳での話し
東4局 南家 6巡目 ドラ(3)
五萬六萬七萬七萬八萬九萬三筒五筒赤八筒八筒七索七索八索
現在イーシャンテン。
ここで鳴くべき牌が一つだけある。
何か分かるだろうか?
















それは六萬
五七でチーをすれば、九を切ることができる。


7巡目、(6)をツモってきて、僕はドラ(3)切り。
こうなるともう六をチーすることはない。
そのドラを上家の親がポンした。


そして2巡後、難しい選択を迫られる。
WS000109.jpg
上家が切った対子落とし2枚目の(4)をチーするべきか否か?
ちなみに1枚目の(4)が出たときには六と九が振り代わっていないので鳴けない。


悩みに悩んだ挙句、僕はチーを決断!
・・・したものの時間切れ。
しかもポインタを(赤56)のところにして連打していたため、赤(5)をバシっと切ってしまった。
下家が暴牌を見事に咎め、ピンフ赤の2000点放銃。


それはさておき、ここはスルーが正解だったか。
というのも、親がドラポンしている以上、2000点のシャボでは向かっていけない。
結局すぐにオリることになる。
ならば、リーチを打つときだけ勝負、危険牌を引いたら速やかにオリる、というスタンスの方がいいか。
それとも親はまだテンパイしていないと踏んで、チーしてしばらく押し続けるべきか。
親が何を狙っているのか、そして今テンパイなのかどうか、皆さんはどう読みますか?

突っ撥ねるリーチか、引き付けるリーチか 【芋】
遊走ブログの牌譜検討
T1-0
2打目の八切り、こういう打牌をする人は、すごく雑な打牌をしている印象がある。
俺ならチートイ東単騎になった地点で即リー。
R2065は強い一待ちに受け換えダマ続行、下家が1つ晒すところまで引き付けてからリーチ。
満を持して、といった感じのリーチで悪い印象はない。
突っ撥ねるリーチか、引き付けるリーチか、どちらのリーチが勝るだろう?


T1-1
アガってくれ、と言わんばかりの牌の寄り。
4巡目
六萬九萬九萬五筒六筒七筒七筒八筒八筒五索六索六索七索 ツモ六萬 ドラ五筒
僕ならここで九を切る。
567が見えなくなるのが少し寂しいが。
上家からリーチがかかり、(3)を残していれば直後に(4)を引いて親満リーチが打てていたところ。
けど発は初牌だし、(4)を引いてテンパイしても危険牌(7)が出て行く形。
テンパイ逃した後も熱くなって発を切らず、しっかりベタに回ったところはいい。


T2-0
配牌8種8牌、クソ手。
これは何もできない、書くこともない手のはずだったが、中を重ねる。
そして直後に中が出てポン、ドラが発なので4切り。
WS000092.jpg

これはさっき書いたところだが福地さん得意の裸単騎仕掛けと同質だ。
この後上家が急所の(3)でも出せばチーすることになり、裸単騎の夢が見えてくる。
僕はこういう形から中を鳴かなくなった、ということ。


ここまで書いて、遊走ブログをチラッと見る。
どうやら、遊走はあまりやる気がないようだ・・・ということで次へ。


③【どもども】長岡大明神【長岡です】
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/mj/1209057115/l50
良スレだと思って引き抜いたら、糞スレだった。


なかなかの良スレ。
今や麻雀板はコテスレの方が良い議論ができるのか
ゲンドウや理想雀士のスレも覗いてみようかな

第2回交流戦 【芋】
「記事は熱い内に書け。」
というが、また書くのが遅れてしまったのは私生活の乱れのためだ。
最近解消しなければならない問題に追われつつも、全く行動していない自分に嫌気が差す。
第2回天鳳交流戦に長岡と共に出場した。
まずは自分の打牌を見直していこうと思う。


牌譜はこちらから。
     三河屋
紅鉄姫       おきしん
      芋


2回戦までのトータルポイントが、
アニメ +23
雑スレ +28
配信 +37
何切る -88
と、かなり苦しい展開。
本来、僕はトータルポイントを全く意識せずに打つつもりだった。
しかし、これほど差を付けられてしまうと、そうもいかない。
もしここで2着を取ったとして、トップを取ったチームとはさらに30 pt開くことになる。
残り二人でその差を挽回するのは、現状よりも苦しい。
後々にさらに苦しい条件が残るぐらいなら、トップを狙っていくことに決めた。


東1局。
嫌なことと、良いことが同時に起こる。
嫌なこと: 出親を引いてしまったこと。
良いこと: 配牌が、
二萬二萬三萬五萬六萬六萬七萬一索東南北發發 ツモ發 ドラ一萬
だったこと(*´Д`)
3巡目に7sを残して2枚切れの北を切ったが、この7はいらなかった。
仮にツモ6とくっついたところで、初牌の白、ダブ東を切っていくのは気が引ける、ということは7は要らない。
幸先良く、5800和了。


東1-1
2巡目にサブちゃんからリーチがかかる。
安牌の字牌から切っていったが、普段ならアガりの可能性など露ほども追わず、二をさっさと切っている。
その方が追っかけリーチに備えられる。
一応アガりの可能性も探った、というところがトップ狙いの意識が強かったこと、その力みを表している。


この微妙なバランスの崩れは、後々の打牌でも随所に現れる。


東2局
2ちゃんねるでは「また芋は混一色か」と言われるほど染め手一直線の手牌。
とはいえ、2巡目
七萬二筒四筒五筒六筒八筒八筒九筒東東西中中 ツモ九萬ドラ七萬
ここは西だったか?
ここでも打点にこだわっている。
トップ狙いの力みが出ている。

第2回公開対局 2/4回戦 【芋】
2回戦(クリックで牌譜を見れます)
A(東家) 赤い迷路☆*
B(南家) ★鉄風少女☆
C(西家) 〓松井CS〓
D(北家) 理不尽大王☆
まずは1回戦目トップだった鉄風少女の手を見る。
この半々チャンをしっかり打ち切れるかどうか。
守備気味になり役牌ポンを躊躇したりするようではいけない。
いかに普通に打てるか。


配牌は
一萬三萬三萬四萬六萬七萬七萬五筒七索東南南中 ドラ四筒
役牌南がトイツ、混一色へ向かうかどうか微妙な判断が迫られる。
1巡目(9)をツモ切り。
直後に出た南をポンして7切り。


普通・・・おそらくマジョリティの打ち方。
しかし、もし僕ならはこの南はスルーする。
ポンすれば一牌切ならなければならないが、その牌が難しい。
混一色へ行くかどうか決めきれない、序盤のツモによって見極めたい。
よって消去法的にスルーする。


松井CSさんがリーチをかけ、ツモり三暗刻を見事アガって満貫。


東2局。
考えてみればなぜか赤い迷路さんについてこれまで全く触れてなかった(^ω^ ;)
ということでここで登場。
北家 5巡目 ドラ九索
五萬五萬六萬六萬二筒四筒五筒五筒七筒九筒五索八索九索 ツモ三索


難しい・・・
ドラが9なので、ペンチャンは見切れない。
タンヤオの可能性も残っているので、(9)切りだろうかと僕は考えた。
赤い迷路さんは二筒切り。
(9)切りと比べ、牌効率的にはこちらの方が随分いい。
ドラが9であることを踏まえれば、(2)切りがむしろ本手か


この後ツモに合わせてチートイシャンテンへ。
再び松井CSさんからリーチがかかる。
今上家が五を切ったところ。
WS000088.jpg

ギリギリの選択だが、六を切れない以上、アガりにいくならトイトイ。
9も安牌であり、やはりポンするところ。
三色同刻も見えてきた。
しかし14巡目にテンパイし、あえなく(2)で放銃。
ここで(4)を切って放銃を回避できる、という長岡の指摘には感心せざるを得ない。


東3局。
赤い迷路さん配牌赤3キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
が、丁寧に打つもツモが全く伸びない・・・
松井CSさんが中ドラドラの5800をさらに上積みする。
これでほぼトップは確定か。
理不尽大王と鉄風少女の2着争いが焦点となる。


東3局 1本場 ドラ七索
この局は全員手がまとまっている。
気になったところを2つ。


①北家の鉄風少女、4巡目
三筒四筒五筒赤六筒一索二索三索五索六索西西北北
北が出たらポンして47待ち高め3900。
(2547)ツモ時に切るのは西か北か、これは難しいところ。
ツモ(27)なら三面チャンだし北切りで面前ピンフ、逆にツモ(45)時には西を切って、
(345赤56) 12356 西北北
これなら北をポンしたときに(25)チーが利く、なんて洒落たことを言ってみるw


ここで鉄風少女は四をツモり(3)を切ったが、どうだったのか・・・
四を残すということは当然456の可能性に気付いている、おそらく四をツモる前からこのツモが来たときの対応を考えていたのだろう。
しかし、変化の多い(3456)形を残した方が良かったように思う。


②東家の松井CSさん6巡目
WS000089.jpg

ここで手拍子で七じゃなく8を切ったのは機敏だった。
ドラが出て行くツモ9を拒否する代わりに、七や7が出たときポンしてタンヤオへ向かえる。
芸が細かい。


理不尽大王のリーチに鉄風少女が(2)一発放銃。
(2)を止めればアガりには向かえない、がそれでも西のトイツ落としだったと思う。
あぁ、4巡目に四をツモ切っていれば、(2)は三面チャンが完成するツモだった・・・痛い。


ここからの3局は稚児配信でいろいろ言ってたことが頭に残っているので省略。
松井CSさん、見事トップ。
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。