マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鳳神奈川オフ レポその4【長岡】
5&6回戦 ねこだいすき てんぽいんと HGST 卓

ここで初めて卓を移動。 
5回戦、だいすけが6000オールを引きダントツになるもHGSTもマンガン和了で追う。
東場はいいところなく、19000のまま南入。
ここでカン二萬であるが先制の5200リーチを入れる。
親のだいすけはすでに2フーロでテンパイ気配。ダントツなので即オリに向かったようである。

だが、だいすけがオリに回った瞬間、HGSTからもリーチが入る。
安牌が尽きただいすけからワンチャンスの二萬を討ち取ることに成功する。

オーラス 俺30000 HGST30000 ねこだいすき39000 てんぽいんと1000

マンツモ条件ではあるが、手が入らない。
七萬八萬一筒二筒五筒六筒八筒九筒三索五索西西發
ここから7pを仕掛けて果敢に攻めるも、早い段階でHGSTのダマ4000オールが炸裂。
3位で終了。てんぽいんとは座ってるだけで飛んだ気がする。


6回戦、ここは思い出す事もできないほど手なりで勝ってしまった。
押し引きも一切迷わず、気付いたらオーラスで47000持っていた。

途中、てんぽいんとのチップが尽きHGSTから10枚借りていた。
俺が来る前からずいぶんついてなかったんだなぁ・・・。

オーラス、俺の親だが下2人は競っている。
HGSTもハネツモトップ条件だが、ラス目のてんぽいんとからリーチが入る。

二萬三萬三萬四萬五萬二筒四筒四筒八筒八筒二索三索五索赤

この瞬間俺の手はこう。ドラは5mとかで5800の2シャンテンだ。
もうベタオリかなーと思っていたが危険牌を一切引かない。
てんぽいんとも全くツモれず、流れててんぽいんと3着か、と思った矢先四萬が通る。
これをだいすけが合わせてきて俺はそれをチー。
二萬三萬四萬二筒四筒四筒八筒八筒三索四索五索赤 チー四萬三萬五萬

二筒を押して5800のテンパイに取る。
ささってもいいし、残り1順でオリようと考えていた。

が、次巡五萬赤をツモる。
一気に打点アップだ。
カンチャンで鳴いたのが生きたな・・・と思いつつ安全な二萬と入れ替える。

するとその瞬間てんぽいんとが八筒をつかんでしまう。

12000でまたもトビ。とことんついてない掴みっぷりだ。
華麗にオーバーキルしたところで終了。
+70の大トップとなった。

かたや地獄モード一直線のてんぽいんと

だが彼の苦難はまだ始まったばかりだったのだ。  
                                                      続く
スポンサーサイト

天鳳神奈川オフ レポその3【長岡】
続き。

2&3&4回戦 おきしん カツカレーうどん 有栖 卓

前局痛恨のしくりでいやなムードが漂う中、起家スタート。
ここでうどんから早い先制リーチが入る。

自分はこのときまだ2シャンだったが、微妙な所を押しつつ前進。
ハイテイ前でテンパイを入れて親権を死守した。

それが功を奏したのか、そこからは面白いように手が入る。
4本場まで積み、最後は有栖がおきしんを飛ばして東1局終了。

+60のトップ・・・・!

3回戦、東場から有栖がかなり打てるリーヅモ三色ドラ赤裏の18000をツモるなど走る。
今度はうどんが飛び寸に追い込まれる。

だがここで落とし穴が待っていた。
南2局うどんの親を迎えて俺の手は8順目でこんな感じ。

三萬四萬五萬六萬七萬四筒五筒六筒八筒八筒三索四索七索七索

ここで親のうどんが七索を切っており、有栖は八筒を切っている。
有栖の河がかなり油っこく、ダマの可能性もあると思いつつ八筒切り。

この瞬間にうどんから親リーが入る。そして俺のツモは五索赤・・・・。

当然の3面チャン追っかけを打つもうどんに一発でささる。
ダンラスにメンピン一発裏の12000打ち込み。
素直に親の現物を落としておけばよかったか・・・?

そして迎えたオーラス。親はおきしん
俺 11100 うどん 11000 有栖 40900 おきしん37000

微差の3着目ではあるがやや軽い手が入る。
だがうどんから6巡目にリーチがかかる。

当然ゼンツするもシャンテンからなかなか入らない。
だが13順目、ようやく147pのテンパイを入れる。

ピンズは場に安い。うどんのリーチはおそらく愚形。
ほぼ3着はキープできるだろうと楽観視していた。

同順、おきしんの手が止まる
どうやら危険牌を掴まされたようである。
だがおきしんは2着目、うどんに12000打っても2着なのだから当然ゼンツの局面である。

「これで当たったら祝儀取られるからやだな・・・」と言いつつ打五萬赤

その牌にうどんから一際大きなロンの声がかかる
「ロン!リーチタンヤオチートイ赤赤・・・・裏々!倍満です!」

まさかの逆転劇である。ちなみに裏ドラも五萬

執念が生んだ16000に俺は・・・・

「それダマじゃねーの?」
と嫌味を吐くぐらいしかできなかったのであった・・・・w


隣の卓と時間を合わせるためにこのまま東風戦を1戦打つことになった。
が、前の半荘の勢いそのままにうどんが突っ走る。
東風戦だというのに68000の大トップ。
俺は座ってるだけの2着だった。
うどんフィーバーである。


とりあえず今のうどんから逃れたいな、と次の組み合わせ表を確認する俺であった。
                                                    続く

天鳳神奈川オフ レポその2【長岡】
オフレポ続き。
自己紹介を終え、肝心の麻雀に入る。

最初に居たのはおきしん以外の7人、なのでここで7人中3人は抜け番となる。
東南西北と123pをかき混ぜピンズを引いたら抜け番。
自分はこういうとき1回でも早く打ちたいのだが、願い叶わずピンズが1枚残る。

気合を入れていただけにいきなり空振った気分になった。


さてその頃おきしんがようやく到着。
だが店にたどり着くことができない、という報告を受け
迎えにいくことに。

銀行の前まで来たところで
一人佇む男前を発見。
ちなみに、男前すぎて声をかけるのを一瞬ためらったのは内緒だ。
しゃべってみると配信などで聞いたおきしんの声で一安心。

なんとか2卓揃ったので余っていた4人も卓を囲むことに。

ルール:ウマワンツーのチップは鳴いてもつく1枚2000点相当
細かいルールは天鳳に準ずる。770011600は満貫切り上げ。

1回戦 おきしん 茶柱 HGST 卓

軽い緊張の中始まった初戦。
初戦というのはセットなどの場合一日の流れを左右すると言っていいほど重要だ。

東場はやや重い展開が続く。
HGSTがこまめにあがるものの打点は低い。
そしておきしんの河が汚くてものっすごい気になった
牌と牌の隙間が空きまくってるし角度もまちまち。
1回戦目から酒の入ったセット終盤のような河である。
きっちり揃えようかと思ったがマナー違反なのでやめた。

南場に入りおきしんが茶柱からタンヤオドラ3、メンタンイーペーを和了りダントツとダンラスができる。

おきしん 43000 HGST 31000 俺22000 茶柱 4000

ラス前を迎えてこうなった。
ここで俺に早い手が入る。
リーチドラ1の安手ではあるがラス親の条件を軽くできればいいと思っていた。
待ちは147mのノベタン。

だがここで茶柱から一発で7mが出る


・・・倒すか?どうする俺?



一瞬迷って出した決断はスルー。
トビに祝儀などがつかないこのルール。ましてやダンラスがいる中で3着を拾う意味はあまりない。

脇は完全にオリた。だがラス目は当然向かってきてしまう。
茶柱「チー、チー、ツモ5001000の2枚」

追いつかれての1枚の支払い。
これはかなり痛い。

ラス親・・・ここで配牌で絶望する。
7種9牌、チャンタにいくしかなくなってしまった。

6巡目、茶柱からリーチが入る
この時点で自分は3シャンテン、さすがにベタオリである。

だが茶柱が一発で引きあがる。
リーチ一発ツモ赤裏、待ちはカン6p
20004000の3枚オールを引かれ、順位は変わらないもののラス前見逃したことにより大損


オカルトシステムNO.21 見逃された奴はツく発動


脇の2人に心の中で土下座した
                                  続く

絞り 【芋】
僕は、字牌を絞る必要性はないと思っている。
他家が絞った牌をトイツにしているかどうかが分からないので、徒労に終わることが多い。
それどころか、なまじ牌を絞ったせいで、相手を助けてしまうケースもあると思う。
『プロはなぜ字牌をあれだけ絞るのか?』スレでそのことについて書いたことがある。
943 :芋 ◆0Zmys7bG2Y :2008/02/19(火) 17:54:54 ID:???
鳴いたら牌を一つ切らないといけないわけで、例えば中をポンして孤立牌五を切れば五の周辺の受け入れがなくなる。
それを考えれば、下手に絞って五の周辺の受け入れを与えるより、さっさと鳴かせて五を切らせた方が相手がアガれないケースもある。
役牌を初めに切った方がいいってのは、相手が重ねる前に切るって他に、相手の手がまとまる前に鳴かせた方がいいって意味もあると思う。
絞ることで自分は1枚不要牌をもちながらの牌組みを強いられ、逆に相手は鳴くよりも1枚牌を余計に持てるとしたらただ自分の首を絞めてるだけだわな。



しかし、実はたまに絞ったりする。
WS000083.jpg

ここで僕は五筒を切った。
これは「絞り」であり、「先切り」だ。
絞りと先切り、以前の僕はこの2つを全く行わなかった。
デジタル派にとってこの2つは必要がないもののように見える。
ではなぜ(5)を切るのか?


ここで少し僕の麻雀観についての話しになる。
今の僕は、麻雀に対して、たった一つのコンセプトしか持っていない。
麻雀を打つときは、その一つのコンセプトを頭の中で反芻している。
で、以前の僕のコンセプトは、「最速」だった。


麻雀において、速度が重要であることに気付いている人は多いはずだ。
だから最速でのテンパイを目指す。
そのために牌効率を学ぶ。
最速と牌効率、この2つは相性がいい。


そこからは先切りという概念は生まれないはずだ。
(1234赤55) 34678 東東中
何を切れば最も速くテンパイできるか、そんなことは考えるまでもないことだ。
では、なぜ中を切らないのか?


速度が重要なのは言うまでもない。
しかし、麻雀において重要なのは「絶対速度」ではない。
そのことに気付いていない人がいる。
Q. 8巡目でイーシャンテン、チーテンに取るかどうか。
A. 「平均テンパイ巡目は9巡目、だからチーするべき」
これは絶対速度だ。
勘違いしている。


麻雀において重要なのは「相対速度」だ。

天鳳神奈川オフ レポ【長岡】
去る3月22日、都内八王子にて「天鳳神奈川オフ会」が行われた。
神奈川オフのくせに都内でやってる時点で出オチであるが、
その様子の一部始終を書こうと思う。

まずは簡単に参加者紹介
そして俺が受けた各自の第一印象

有栖
クソ鳴きで有名な打ち手
「鳴いてオリ本線」などの名言を残す
第一印象:やんちゃ

カツカレーうどん
豪運で有名な打ち手
第一印象:活発な少年

てんぽいんと
かなり突っ張る打ち手
第一印象:控えめな青年

ちびおきしん
アイマス配信で有名な打ち手
フーロ50%は面前派を恐怖に陥れる
第一印象:ネットのまんま。

HGST
VIPPERな打ち手
対戦した限りでは面前派
第一印象:体弱そう、真面目

茶柱立樹
強くて有名な打ち手
俺から見るとバランス派
第一印象(2年前):ふてぶてしい

ねこだいすき
幼女好きで有名な打ち手
かなりかわし手を作ってくる印象。守備型
第一印象:ちくわ

こんなまとまりのないメンツだが
無事に全員と合流できた。
ちなみに出会った瞬間からねこだいすきのテンションはMAXでした。

次回は麻雀の様子を書きます

よこしゃも 【芋】
近代麻雀で連載が始まって2話目、読者の期待もそこそこある漫画だが。
僕は2話目を見て、見切りを付けたというか、あと3話ほどで終わるかなぁという終戦気分に浸っている(予想を上回って欲しいが)。


2話目で大関を出しちゃダメだろう
いきなりラスボス、みたいなもんだ。
しかも大関の強さを際立たせるために、土俵上で横綱”天鳳”を投げ飛ばしてもうた('A`)
この大関編が終わったら、次の相手誰か残ってるのか?


あと主人公のキャラが軽すぎる。
1話目もだが、「結局俺が勝つから」という前提で余裕をぶっこいている。
もちろん漫画だから勝つんだけどね・・・
そんなナメた姿勢の奴が、麻雀横綱でいいのか?
ナグモにはそういう余裕がない。
その余裕のなさがリアリティーに繋がる。


余談だが、大関にぶっ倒されて身体の自由が利かなくなった大金。
「アッチの土俵でこの俺が 休場するワケには・・・」と決意を語った大金。
その大金が、
「ハハ なんとか休場はまぬがれたようだね」
と、まむしドリンクを持ってヒョイと現れたときには、
ひょっとこ顔のutemasukaを連想してしまった。


東1局 東家 ドラ三筒
三萬四萬五萬赤五萬六萬三筒四筒四筒六索六索六索七索八索 ツモ七索
「これが大関の麻雀よ」と四筒を切ったところに感心した。
普通に見ると7ツモ切り。
こういういわゆる完全シャンテンで、縦をはずすことは稀だ。
あったとしてもそれは先切りであって、牌効率に沿っての打牌ではない。


しかし、この形で(4)を切るのは好判断だ。
大関は次に三をツモったが、これだと7切り→(4)切りとしても大差はない。
しかし、ドラ(3)や、58をツモったときの変化が大きい。
三四赤五五六 (34) 666778 ツモ8 6切り
(344)の(4)を残していても、それが活かされる時はドラが出て行く時。
ならば(4)を切り、さらに好打点、好形を望める形にする。
実戦でも出てきそうなパターンだ。
まぁ実戦だとドラ(3)で(344)の場合、シャンテンになる前に(4)をはずしている可能性もあるが。

何切る統一スレの問題 【芋】
何切る?統一スレから、考えた問題をピックアップしてみる。
皆さんも少しの間考えてみてほしい。


<1問目>
南3局 東家 6巡目 ドラ四
三萬四萬一筒二筒三筒三筒五筒六筒七筒八筒三索四索五索 ツモ四筒




















テンパイはずしの問題。
パッと見、(3)切りの一通含みシャンテン戻しに見えるが、(1)切りでタンヤオを見るという意見もある。
(3)切り
・ツモ(147258)二五で即リー
・ツモ三四でフリテンリーチ(369)高め一通
・ツモ(9)で一通単騎
・三色の可能性 ツモ(12)五

(1)切り
・ツモ(258369)二五で即リー
・ツモ(4)でタンヤオ単騎
・三色の可能性 ツモ(23)五

うーむ、やはり(3)切りがかなりいいようだ。
ツモ三四でフリテン時の好形差が大きい。
また、(1)を切っても三色の可能性が広がるわけじゃないという点もある。





<2問目>
東4局 西家 7巡目 ドラ白
五萬六萬一筒二筒三筒五筒五筒六筒六筒四索六索六索七索 ツモ二索




















これも直感は(6)切りだ。
24667の形を活かす、という視点から。
24667は、ここから1枚切るだけで形の強さが一気に下がる。
しかし、2切りもアリかもしれない。
と、考えた理由は「2切りは3ツモの4枚が(主に)ロスだが、その分(47)ツモの8枚で好形が望める」というアバウトなものだった。
が、正確に考えてみると、やはりこの2つの差は際どく、面白い。


まず四七ツモ時
(6)切り→ 四五六 (12355) 24667
2切り→ 四五六 (1235566) 667
この2つ、比べてみると下の形の方が強い。
つまり、四七ツモ時は2切り優位である。


他に差が出るツモを調べてみる。
・(6)切り優位になるツモ 358の12枚
8ツモ時にリャンカン形が残る、残らないの差も大きい。
・2切り優位になるツモ  (4756)の12枚
こちらも実は同数ある。
(56)縦引き時のリャンメン+縦の強さも魅力的。


また、6ツモ時の形なんかも
(6)切り→ 五六 (123556) 24666
2切り→ 五六 (1235566) 6667
テンパイ枚数は同じながら、変化の強さでは下の形に分がありそうだ。


この問題は、(5566)のような並び対子の強さを示す問題である。
差は微差ながら、今の自分は連続形を活かす2切りを選びたい。

配牌を取る【長岡】
「アルティマ」をご存知だろうか?

麻雀ファンなら常識かもしれないが、アルティマとは
「配牌が自動で配られる」全自動卓である。

山を割り配牌を取ると言う作業を省いたこの卓は
非常にサクサク進むし打ち手にしてみても楽だと言えるだろう。


だが、とある条件下においては
この卓は非常に厄介になる事に気が付いた。

それは

序盤を適当にサクサク切ってる奴ばかりの卓に入ると
北家(もしくは西家)の1巡目で鳴くべき牌が鳴けない

という事である。

東家なら時間をかけて1打目を切ればいい。
南家なら時間をかけて1巡目のツモをツモればいい。

だが他の2人には卓の進行をコントロールする術がないのだ。


つまりここで北家西家に問われているのは
バラバラの手牌を見て瞬時に理解し、
手牌から素早く手役を割り出し仕掛けられる所を探す能力である。
付随して理牌の速度も求められるだろう。


この文だけ見るとアナログさを感じてしまうが
アルティマとはそういう台なのだ。

これからフリーに行き始める人は、
是非理牌の練習をしてから行く事を薦めたい。

頭が悪い人の(3)切り。 【芋】
記事を書く時間があまりないので、福地誠blogを拝借する。
東場 親 5巡目 ドラ東
五萬六萬七萬三筒五筒七筒四索五索六索七索七索八索東東


この何切るが近代麻雀のコラム「頭がいい人、悪い人の麻雀」に載ったのは、もう大分前の話しだと思う。
その問題をまた掘り返すということは、福地さんがいかにこのコラムへの批判に対し執着しているかが窺える。


さて何を切るかだけれど、2ちゃんねる多数派三筒切りで良いだろう。
というか思うのだが、この問題はほんと上手くできすぎている。
何切るクイズのような本で出題されていれば、良問だろう。
それぐらい(3)切りの良さが見事に引き出され、頓知が利いている。


ドラのポンテンに構えられるように縦を残す。
また、7を残すことで、ツモ69で三色が見える。
鳴けるという有利さもある。
69チーで5800テンパイ。
(6)チー時もドラバック12000の2枚より、三色5800の7枚に受けるべきだろう。
五六七 56778 東東 チー(567) ドラ東
もし東が出たら、ポンして58に受けかえればいい。


たぶん、こんなことはもう2ちゃんねるで散々議論し尽くされているはず。
美しい・・・美しすぎる(3)切り。
皆、この(3)切りの美しさに惹かれたからこそ、福地さんの「正解:七索切り」に対して噛み付いたんだと思う。
この問題がもし三色の絡まない平凡な形だったら、「まぁ、それもいいんじゃね?」ぐらいで通りすぎたかもしれない。


福地さんは、近代麻雀08年4/1号にもこの兄弟形を載せている。
東場 親 5巡目 ドラ三筒
三萬四萬五萬一筒三筒五筒二索三索四索五索五索六索東東
そして再度五索切り推し。
今度はドラが(3)になっているので、三色チーテンは2900しかない。
また、(135)のドラ含みリャンカンにしてるところも上手い。
これでも、これでも(1)切りだろうと僕は思うが(なぜ三色形にする!?、そしてダブ東にする!?)、これは福地さんの意地を見せてもらったという感じだ。


福地さんのコラムは正解が何にせよ考えさせられる。
また、これだけ2ちゃんねるの存在を意識してくれる人もレアなので、僕としてはちょっと嬉しい。

さかえで2万円負けた。 【芋】
勝っているとき、人は雄弁になるものだが、負けたときに言葉を綴るのは難しい。


さかえで2万円負けた(´;ω;)


しかもラス→3着→ラスで。


2万って、こんなあっさり無くなるものなのか。
さかえに行くときは3万は持っていく必要があるということだけは学んだ。


1回目の東2局。
親番でいきなり赤赤の手牌。
しかも、そこそこまとまっている。
しかも、1枚は五筒赤
ご存知の通り、さかえでは赤(5)があれば役がなくてもアガれる。
鳴いてもアガれる。


このチャンス手、1巡目で潰れました。


少牌してました。


アルテマ氏ね!



そこからはチップを取られ続け、半チャン1回で10枚ほど無くなっている。
で、ラスのため結局半チャン1回で1万負けた。


この地点で冷静さは失ってたと思う。
持ち金は2万5千ほどで、いきなり1万負けたわけだから。


冷静さを無くすと、恐ろしい凡ミスをしたりする。
八萬二筒二筒四筒五筒赤五索六索 ポン發發横發 ポン二萬二萬二萬横
2回目、ラス目で南場、ここでツモってきた二萬を何も気付かずにツモ切り。
ネットなら狭い視界でも全体を見渡せるが、リアルだと自分の鳴いた牌は卓の右端にある。
自分の右腕で死角にもなっている。
また、天鳳ならばツモってきた瞬間に[カン]の文字が表示されるところだ。
こういう加カンし損ねはリアルで何度かしたことがあったが、今回は下家からリーチがかかる。
完璧にミスを咎められる形となった。
即座に加カンしていても勝負はどう転んだ分からない。
また一旦八切りとしておいてテンパイしたときに加カンする形に受けても、二は安牌になっていた。
ここからベタオリに回ることになる。


お金が不安になってくると、オリが早くなり、そうなるともうダメだ。
半チャン3回目は正にそうなった。
これ以上負けられない、となると放銃が怖くなる。
すると、どうしても手が伸びなくなる。
また、ベタオリに回る場面なのに手牌に未練を残してしまい、その結果2件目のリーチで安牌に屈して放銃というのもやった。


最後の半チャン、南2局、西家。
既に持ち点は5,000点。
ドラ二索
二萬二萬三索四索七索八索九索 ツモ五索 ポン中中中横 ポン東東横東
8巡目、これをアガって300-500。
これは良かったのか?
ツモったなら、混一色に向かうべきだったろうか。

発想の転換【長岡】
麻雀をやっていて、会心の一打、というものはなかなかない。
上手い一打はあるかもしれないが、それが結果に直結する事はあまりない。
また、それはあくまでも正着を打ったにすぎず、単にミスをしなかったという評価になりがちだからだ。

だが、他の人がなかなか思いつかないような手順を踏み、
尚且つ勝負にも勝てた時、
それは会心の一打と言えるのではないだろうか。


赤線はツモ切り
天鳳3月13日


自分はここから三筒をポンしてフリテンの五萬八萬に受けた。
そしてドラの八萬を引き和了り4000オールの和了となった。



普段なら、というか一見これは有り得ない仕掛けに見えると思う。


だがこの河、マンズと字牌が異常なほどに高い。
そして他家はピンズソーズの中張牌の手出しが目立つ。
この情報から何が導き出されるであろうか。

他家、特に下家はこの局勝負する気がないと言える。
また、対面か上家にマンズのホンイツが入っていたとしても
それが成就する可能性は低い。
その理由はマンズを自分が多くガメていること、
そしてマンズや字牌が出にくく、とても鳴きにくい河になっているということだ。

結論としては
この局、他家の河に六萬九萬が放たれる可能性は0に近いといえる。
オリてる所からは出ないだろうし、マンズのホンイツテンパイから切ってくる可能性はあるだろうが
それも前述の理由から望み薄だ。

すなわち自分のアガリはもはやツモ専になっていると言えるのだ。



つまり、フリテンであろうと
ここは打点も高く枚数も多い五萬八萬に受け直すべきである。


これが果たして正解かどうかは自分にも分からない。
が、自分の中でこれは会心の一打としてしまいたい。
時には自己満足も大事なのだから。

フリー日記 集中力のない日【長岡】
最近、フリーで集中できていない事が非常に多い。
ネットではある程度集中できているつもりだが
ことフリーになるとテンポの悪さでだれてしまうのだ。

ネットと比べ切る速度が格段に遅い卓等に入ってしまった場合
余計な思考が頭に入ってしまい単純なミスをすることがしばしばある。

先日も大小様々なミスを犯したが、ラス半を決意したミスを紹介。
裏目を引いてようやく気付くほど集中できていなかったのだ。


三索三索六索七索八索八萬七萬五萬五萬赤六筒五筒三筒三筒 ツモ七筒


東3局のややヘコミの親番の5順目でドラは南

近代麻雀の何を切る?でも初級問題に入るような問題だろう。


ここで自分はトイツほぐし、ということで右手に近い三筒に手をかけてしまう。
次順六萬をツモって仮テンに取る。
さらに3順後四筒をツモったところで
自分のミスに気付き、視界が暗くなった気がした。


五萬赤五萬六萬七萬八萬五筒六筒七筒三索三索六索七索八索 ツモ四筒

もうお察しであろうが、
本来ならここで高め三色リーチが入っていなければ駄目。

五萬五萬赤六萬七萬八萬三筒三筒五筒六筒七筒六索七索八索 ツモ四筒

よりによって三索三筒の差がモロに出る牌を引いてしまったのだ。
だが、他の牌だったらミスに気付くことすらできなかっただろう。


結局アガリを逃す形になってしまい、他家に親を流されてしまうが、
そのおかげで自分の状態の悪さを感じられた事が不幸中の幸い・・・・かな。


愚痴 【芋】
こんなことを書くのは自分の器の小ささを見せ付けるだけだと分かっているが、僕は特に大物キャラでもないのでちと愚痴を書かせてほしい。
今日のフリーでのメンバーTさんとのいざこざについて。


南2局僕は南家、ドラは西
8巡目僕の手牌は次のようになっている。
1112445 西北北発発発
シャンテンだが、気になるのは上家の親がマンズの染めで2副露していること。
裏裏裏裏裏裏裏 チー八萬横七萬九萬 チー一萬横二萬三萬
上は既に字牌整理に入っている。
シャンテンか、下手すればテンパイ。
ドラの西は序盤に西家が1枚切っている。
(ちなみにメンバーTは西家)
上家がマンズの分、こちらがアガれる可能性も相応ある場面ではある。
ここで2枚目の北が出てきたので僕はポンして2切り。
親にドラが危険なので、ドラ単にも受けられるようにした。


するとツモってきたのは僥倖のツモ4
一索一索一索四索四索五索西發發發 ツモ四索 ポン北北横北
西と5、どちらを切るべきか少し迷った、が、もしも西が通ればこの勝負まず勝ちである。
西を切る。
通った。
すると、北家がなんと五索赤を切ってくれた。


「ロン、12000。」


さて、次の局に入って2巡ほど経ったあとのこと。
Tさんが指を折りながら小声でなにやらぶつぶつ呟いている。
T「・・・ぁれぇ~?」
それに呼応する形で、上家の若者が柔らかく言った。
「今の、倍満ありましたよね?」


ん? 倍満?
と一瞬なんのことか分からなかったが、すぐ気付いた。
僕「あっ! 三暗刻があったのか」
発 混一色 トイトイ 三暗刻 赤。確かに倍満だ。
僕はトイトイを狙う頻度が普通より少ないので、こういう形の三暗刻を見過ごしてしまったのだ。


他家が点数やチップを過小申告したとき、後でそれを指摘しようとする人はいる。
そこには後悔を引きずってもらいたいというニュアンスも多少含まっている。
僕はいや~気付かなかったです~などと上家に応えていると、メンバーTが話し出す。
T「いやぁね、僕も倍満あることは気付いていたんだけどね、あえて黙ってたのよ」
その言葉を聴いた僕は、軽く煽り返してしまった。
「いやいや、(指折りで)めちゃめちゃアピールしてたじゃないすか」


空気が澱む。
そしてここから更なる沼が待ち受けていた。
続く・・・のか?

近代麻雀4/1号の何切る問題への回答 【芋】
少し記事が遅いが、近代麻雀に4/1号に載っていた何切る問題のいくつかをピックアップ。


南1局 西家 7巡目 22,000点 ドラ九
七萬八萬九萬三筒三筒五筒七筒九筒四索五索八索九索九索 ツモ四筒


打牌候補は8と(3)。
この2つの比較は微妙なところ。
8切りのメリット
・ツモ(24)でのピンフ手変わり
(3)切りのメリット
・ツモ457で三色が見える。
(3)切り→45ツモは、リャンメンを見切っての三色受けであり、さほど嬉しくない。(それでも三色に受けるだろうが)
ならば素直にピンフに伸ばす八索切りにしたい。
ちなみに、8切り→(2)ツモなら、
七八九 (233457) 4599
で(6)受けが残っている。


東3局 南家 7巡目 25,000点 ドラ(7)
四萬六萬六萬四筒四筒四筒五筒七筒五索五索六索七索八索 ツモ三筒


この手も悩ましい。
が、(3445)の形を活かしてピンズ変化を見たとしても、ドラが出て行ってしまう。
またマンズ、ピンズのどこかをはずしても形が弱くなる。
それならドラ固定の三筒ツモ切りでいいと思う。
ちなみに本誌解答の5切りのシャンテンはずしは僕の候補になかった。
が、ツモ476や三で、弱い部分を縦フォローしたシャンテンになるので、決して悪手じゃないと思う。
とは言え、やはりドラが(7)でなければ、といった感じ。


ふと思ったが、本誌解答を見る前にこの記事を書くべきだった。
解答を見てしまうと、どうしてもその解答に左右されてしまう。
すると、「本誌解答との比較」という形の文章になってしまう。


最後に、
南1局 東家 8巡目 14,000点 ドラ9
三萬四萬四萬五萬六萬五筒六筒六筒七筒八筒八筒二索三索 ツモ四萬


これを即(6)切りだと思ってしまったことに反省。
本誌解答通り、間違いなく三萬切りが正解だろう。
三四四四五六の形の強さに気が取られた、が、三切りでも同等の受け入れが残る。
かつ一盃口。
即決で間違えるということは、間違った切り癖が付いている可能性があるので気をつけたい。

夢の中で。【長岡】
自分はよく夢を見るほうである(周りの人間と比較してそう思う)

特に多いのは麻雀をしてる夢。
しかし、その内容は夢であって夢でないのだ。

まず第一に自分が麻雀漫画の主人公になって敵とどうこう、というような展開が一切ない。
特殊能力が使えるわけでもなく、豪運なわけでもない。

次に、夢の中なのに財布から金を出したり仕舞ったりしている。
1戦終わると精算しているのだ。
それもまぁ現実的に有り得る金額で。

さらにひどい時は

夢の中でネット麻雀をしている

・・・ここまで来ると一種の病気なんじゃないかとも思えてくる。。。


自分が異常だと思うことは他にもあって、
夢の中で打った闘牌の中で難しい何切る問題などが出てきた場合
朝起きたときに無駄に覚えているのだ。
実際はなんにも難しくなかったり、明らかに枚数が多かったりと
所々おかしい場合も多いが、まれに良い問題が出来たりする。

よく受験生が寝る前全く解けなかった数式を夢の中で頑張って解いて
朝起きたら自力ですんなり解けた、という話を聞くが
それと似たようなものだろうか。


まぁそんな現実じみた夢を見てる時点で察するだろうが、
闘牌のほうもそれはそれはこじんまりしていて
オーラス奇跡の大逆転などはめったにない。

必死に両面から食い散らかして3確とかザラ。


せめて夢の中ぐらい負け知らずでいたいよ・・・と切に思うこの頃。

手変わり待ちの基準。 【芋】
手変わりを待ってのダマか、それとも即リーか。
このボーダーはどの辺りにあるのか。


カンチャン待ちは即リー、というのは既に定説になりつつある。
四萬六萬のカン五待ち、ここでリャンメン変化を待つのはヌルい。
しかし、三索四索五索六索八索の場合はダマにしてしまう人も結構いるのではないか。
というか、僕もこの形のときはよく迷っている。
ネット雀士の強者には34568は即リーをかけるという考え方が広がりつつある。
これは果たして正しいのか?


34568でダマにしたとき、手変わりは254の3種。
四六のカンチャンの手変わりは三七の2種なのに対し、差はたったの1種類しかない。
四六なら変化は少なく即リーチ当然、しかし34568なら変化が多そう、そういうイメージを持ってしまっている。


基準をなんとなくでも定めるために、具体的な形を挙げてみる。
五萬五萬四筒四筒という2つの3~7牌のシャボだと、リャンメン変化を待ってもいいかなと思う。
この形での手変わりは四六(35)の4種
しかし、五萬五萬二筒二筒なら即リーをしたくなる。
この場合四六(3)の3種でリャンメン変化だが、3種というのは三索四索五索六索八索をダマにしたときと実は同じ。
五五(22)と34568が同等の変化率だということに気付くと、やはり34568はリーチするべきじゃないかという見方ができる。


手変わり4種以上、現時点でここを1つの基準としておく。
牌譜を見るとき、この基準と照らして打牌を検証し、また基準自体を調整するべきか調べていこうと思う。


三索四索五索六索八索六筒でカン7即リーせずに8を切れば、254(57)の5種でリャンメン変化。
ということはこれは変化を待ってもいいということになる・・・のかな?


蛇足だけど、もちろん、手変わり4種は決して絶対的な基準ではない。
巡目が深くなれば即リー優位になるのは当然。
「状況次第」、だから基準に価値がないかというと、そうじゃない。
基準があるからこそ、それに照らし合わせての比較ができる。
セオリーや基準への知識を充実させることで、軸がブレない麻雀が打てるようになるはず。
バランス感覚が、メンタルの強さという個人の資質に依存するではなく、逆に基準という骨格によってメンタルとバランスが支えられたらいいな、なんて思う。

フリー日記 【長岡】
午前中に所用を済ませ時間を持て余す事になった。
家の近所で済む用事ならだいたい真っ直ぐ帰宅するのだが、
電車で20分ほどの所に出かけていた。
この場合すぐ帰宅するのが億劫になり適当に遊んでから帰る事が多い。
今日はフリー雀荘に行く事にした。



今日の店はある程度顔なじみもいるような場所。
店に着くと丁度前の客がレジで会計を済ませて帰る所で
今まさに次の半荘が始まろうとしている場面だった。

自分は東2からでも東3からでもラス目でなければ躊躇せず入ってしまうが、
最初から始められるのであればそれに越した事はない。



が。
思いもしないトラブルがその席にはあったのだ。


それは暖房が直撃して気持ち悪いということ


自分はもともとエアコンの空気が嫌いで
できるだけ付けたくないと常々思っている。
喘息持ちということも理由のひとつだが、特に暖かいエアコンの空気はサイアクだ。


それでも我慢して打ち続けていたが、奥の卓で打ってた若者がメンバーに向かってこう言い放つ

若者「寒いんでエアコンの温度上げてよ」
メンバー「はーい、じゃあ2度上げます」

気持ち強くなる風。

メンバー「風量も上げようかな」


さらに強く生ぬるくなる風。



5分後。
若者「まだ寒いわ。もっと上がらないの?」
メンバー「じゃああと2度上g・・・」
俺「すいませ~んこれラス半で」

これ以上耐えられるかヴォケ。
つーか若者。薄着すぎだろう。


帰りに寄った飲食店ですら
きっちりエアコンの当たる席に案内される。


真冬なのに暑苦しい一日でした。

北を抜かないで打つ。 【芋】
天鳳サンマでの話し。
南2局の西家で40,000点持ちのトップ目。
東家32,000点、南家33,000点。
配牌は
六筒一索一索四索六索六索七索七索七索九索北北中ツモ九萬 ドラ西
サンマなので北は抜きドラ。
しかし天鳳では北を手牌の中で使ってもいい。
そんな話しを長岡から聞いた直後にやってきたこの手牌で、僕は「巧ぶった打ち筋」を披露した。


北を抜かず九萬切り。
混一色を見つつ、もしすぐ(6)にくっつくようならその時に抜く。
トップ目で打点がさほど必要ないという状況もある。


2巡目に二索をツモって混一色に決めて六筒切り。
一索一索二索四索六索六索七索七索七索九索北北中
2巡目でこの形なら十分アガれそうではないか。
ポン材も16北とあり、この内2つが鳴ければすぐにテンパイ・・・
と考えたときにふと気が付いた。
この手のアガり目の低さに。


北は抜きドラだぞ、出る訳ないじゃないか('A`)
北がポンできないことを考慮してみると、この手が成就する確率はかなり低い。
とは言え今更北を抜くわけにもいかない。
もう混一色に決めてしまっている。
ちなみにもし北待ちでテンパイしたときは、他家が北を抜く瞬間にロンできるらしいが、そんな都合よくテンパイまでこぎ着くことが果たして可能なのか?
その問いの答えはすぐに出た。
3巡目、最後の北が抜かれることで。
やはり無理だった。
残る希望はメンホンチートイぐらいか


この後一索連続引きの鬼ツモを見せる、がそこまで。
南家からリーチがかかり、北は安全牌としてその役割を終えた。
北は鳴けないため、手牌の中で使うことはかなり難しい。
役満を狙うとき以外、ほぼ100%抜くべきだろう。
あるとすれば、やはりメンホンチートイでの使用ぐらいか。
面子手で使うことは難しい。


あとこれって即リーするべきかな?
WS000080.jpg
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。