マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリー日記 【長岡】
午前中に所用を済ませ時間を持て余す事になった。
家の近所で済む用事ならだいたい真っ直ぐ帰宅するのだが、
電車で20分ほどの所に出かけていた。
この場合すぐ帰宅するのが億劫になり適当に遊んでから帰る事が多い。
今日はフリー雀荘に行く事にした。



今日の店はある程度顔なじみもいるような場所。
店に着くと丁度前の客がレジで会計を済ませて帰る所で
今まさに次の半荘が始まろうとしている場面だった。

自分は東2からでも東3からでもラス目でなければ躊躇せず入ってしまうが、
最初から始められるのであればそれに越した事はない。



が。
思いもしないトラブルがその席にはあったのだ。


それは暖房が直撃して気持ち悪いということ


自分はもともとエアコンの空気が嫌いで
できるだけ付けたくないと常々思っている。
喘息持ちということも理由のひとつだが、特に暖かいエアコンの空気はサイアクだ。


それでも我慢して打ち続けていたが、奥の卓で打ってた若者がメンバーに向かってこう言い放つ

若者「寒いんでエアコンの温度上げてよ」
メンバー「はーい、じゃあ2度上げます」

気持ち強くなる風。

メンバー「風量も上げようかな」


さらに強く生ぬるくなる風。



5分後。
若者「まだ寒いわ。もっと上がらないの?」
メンバー「じゃああと2度上g・・・」
俺「すいませ~んこれラス半で」

これ以上耐えられるかヴォケ。
つーか若者。薄着すぎだろう。


帰りに寄った飲食店ですら
きっちりエアコンの当たる席に案内される。


真冬なのに暑苦しい一日でした。
スポンサーサイト
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。