マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手変わり待ちの基準。 【芋】
手変わりを待ってのダマか、それとも即リーか。
このボーダーはどの辺りにあるのか。


カンチャン待ちは即リー、というのは既に定説になりつつある。
四萬六萬のカン五待ち、ここでリャンメン変化を待つのはヌルい。
しかし、三索四索五索六索八索の場合はダマにしてしまう人も結構いるのではないか。
というか、僕もこの形のときはよく迷っている。
ネット雀士の強者には34568は即リーをかけるという考え方が広がりつつある。
これは果たして正しいのか?


34568でダマにしたとき、手変わりは254の3種。
四六のカンチャンの手変わりは三七の2種なのに対し、差はたったの1種類しかない。
四六なら変化は少なく即リーチ当然、しかし34568なら変化が多そう、そういうイメージを持ってしまっている。


基準をなんとなくでも定めるために、具体的な形を挙げてみる。
五萬五萬四筒四筒という2つの3~7牌のシャボだと、リャンメン変化を待ってもいいかなと思う。
この形での手変わりは四六(35)の4種
しかし、五萬五萬二筒二筒なら即リーをしたくなる。
この場合四六(3)の3種でリャンメン変化だが、3種というのは三索四索五索六索八索をダマにしたときと実は同じ。
五五(22)と34568が同等の変化率だということに気付くと、やはり34568はリーチするべきじゃないかという見方ができる。


手変わり4種以上、現時点でここを1つの基準としておく。
牌譜を見るとき、この基準と照らして打牌を検証し、また基準自体を調整するべきか調べていこうと思う。


三索四索五索六索八索六筒でカン7即リーせずに8を切れば、254(57)の5種でリャンメン変化。
ということはこれは変化を待ってもいいということになる・・・のかな?


蛇足だけど、もちろん、手変わり4種は決して絶対的な基準ではない。
巡目が深くなれば即リー優位になるのは当然。
「状況次第」、だから基準に価値がないかというと、そうじゃない。
基準があるからこそ、それに照らし合わせての比較ができる。
セオリーや基準への知識を充実させることで、軸がブレない麻雀が打てるようになるはず。
バランス感覚が、メンタルの強さという個人の資質に依存するではなく、逆に基準という骨格によってメンタルとバランスが支えられたらいいな、なんて思う。
スポンサーサイト
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。