マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリー日記 集中力のない日【長岡】
最近、フリーで集中できていない事が非常に多い。
ネットではある程度集中できているつもりだが
ことフリーになるとテンポの悪さでだれてしまうのだ。

ネットと比べ切る速度が格段に遅い卓等に入ってしまった場合
余計な思考が頭に入ってしまい単純なミスをすることがしばしばある。

先日も大小様々なミスを犯したが、ラス半を決意したミスを紹介。
裏目を引いてようやく気付くほど集中できていなかったのだ。


三索三索六索七索八索八萬七萬五萬五萬赤六筒五筒三筒三筒 ツモ七筒


東3局のややヘコミの親番の5順目でドラは南

近代麻雀の何を切る?でも初級問題に入るような問題だろう。


ここで自分はトイツほぐし、ということで右手に近い三筒に手をかけてしまう。
次順六萬をツモって仮テンに取る。
さらに3順後四筒をツモったところで
自分のミスに気付き、視界が暗くなった気がした。


五萬赤五萬六萬七萬八萬五筒六筒七筒三索三索六索七索八索 ツモ四筒

もうお察しであろうが、
本来ならここで高め三色リーチが入っていなければ駄目。

五萬五萬赤六萬七萬八萬三筒三筒五筒六筒七筒六索七索八索 ツモ四筒

よりによって三索三筒の差がモロに出る牌を引いてしまったのだ。
だが、他の牌だったらミスに気付くことすらできなかっただろう。


結局アガリを逃す形になってしまい、他家に親を流されてしまうが、
そのおかげで自分の状態の悪さを感じられた事が不幸中の幸い・・・・かな。

スポンサーサイト

愚痴 【芋】
こんなことを書くのは自分の器の小ささを見せ付けるだけだと分かっているが、僕は特に大物キャラでもないのでちと愚痴を書かせてほしい。
今日のフリーでのメンバーTさんとのいざこざについて。


南2局僕は南家、ドラは西
8巡目僕の手牌は次のようになっている。
1112445 西北北発発発
シャンテンだが、気になるのは上家の親がマンズの染めで2副露していること。
裏裏裏裏裏裏裏 チー八萬横七萬九萬 チー一萬横二萬三萬
上は既に字牌整理に入っている。
シャンテンか、下手すればテンパイ。
ドラの西は序盤に西家が1枚切っている。
(ちなみにメンバーTは西家)
上家がマンズの分、こちらがアガれる可能性も相応ある場面ではある。
ここで2枚目の北が出てきたので僕はポンして2切り。
親にドラが危険なので、ドラ単にも受けられるようにした。


するとツモってきたのは僥倖のツモ4
一索一索一索四索四索五索西發發發 ツモ四索 ポン北北横北
西と5、どちらを切るべきか少し迷った、が、もしも西が通ればこの勝負まず勝ちである。
西を切る。
通った。
すると、北家がなんと五索赤を切ってくれた。


「ロン、12000。」


さて、次の局に入って2巡ほど経ったあとのこと。
Tさんが指を折りながら小声でなにやらぶつぶつ呟いている。
T「・・・ぁれぇ~?」
それに呼応する形で、上家の若者が柔らかく言った。
「今の、倍満ありましたよね?」


ん? 倍満?
と一瞬なんのことか分からなかったが、すぐ気付いた。
僕「あっ! 三暗刻があったのか」
発 混一色 トイトイ 三暗刻 赤。確かに倍満だ。
僕はトイトイを狙う頻度が普通より少ないので、こういう形の三暗刻を見過ごしてしまったのだ。


他家が点数やチップを過小申告したとき、後でそれを指摘しようとする人はいる。
そこには後悔を引きずってもらいたいというニュアンスも多少含まっている。
僕はいや~気付かなかったです~などと上家に応えていると、メンバーTが話し出す。
T「いやぁね、僕も倍満あることは気付いていたんだけどね、あえて黙ってたのよ」
その言葉を聴いた僕は、軽く煽り返してしまった。
「いやいや、(指折りで)めちゃめちゃアピールしてたじゃないすか」


空気が澱む。
そしてここから更なる沼が待ち受けていた。
続く・・・のか?
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。