マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鳳神奈川オフ レポその3【長岡】
続き。

2&3&4回戦 おきしん カツカレーうどん 有栖 卓

前局痛恨のしくりでいやなムードが漂う中、起家スタート。
ここでうどんから早い先制リーチが入る。

自分はこのときまだ2シャンだったが、微妙な所を押しつつ前進。
ハイテイ前でテンパイを入れて親権を死守した。

それが功を奏したのか、そこからは面白いように手が入る。
4本場まで積み、最後は有栖がおきしんを飛ばして東1局終了。

+60のトップ・・・・!

3回戦、東場から有栖がかなり打てるリーヅモ三色ドラ赤裏の18000をツモるなど走る。
今度はうどんが飛び寸に追い込まれる。

だがここで落とし穴が待っていた。
南2局うどんの親を迎えて俺の手は8順目でこんな感じ。

三萬四萬五萬六萬七萬四筒五筒六筒八筒八筒三索四索七索七索

ここで親のうどんが七索を切っており、有栖は八筒を切っている。
有栖の河がかなり油っこく、ダマの可能性もあると思いつつ八筒切り。

この瞬間にうどんから親リーが入る。そして俺のツモは五索赤・・・・。

当然の3面チャン追っかけを打つもうどんに一発でささる。
ダンラスにメンピン一発裏の12000打ち込み。
素直に親の現物を落としておけばよかったか・・・?

そして迎えたオーラス。親はおきしん
俺 11100 うどん 11000 有栖 40900 おきしん37000

微差の3着目ではあるがやや軽い手が入る。
だがうどんから6巡目にリーチがかかる。

当然ゼンツするもシャンテンからなかなか入らない。
だが13順目、ようやく147pのテンパイを入れる。

ピンズは場に安い。うどんのリーチはおそらく愚形。
ほぼ3着はキープできるだろうと楽観視していた。

同順、おきしんの手が止まる
どうやら危険牌を掴まされたようである。
だがおきしんは2着目、うどんに12000打っても2着なのだから当然ゼンツの局面である。

「これで当たったら祝儀取られるからやだな・・・」と言いつつ打五萬赤

その牌にうどんから一際大きなロンの声がかかる
「ロン!リーチタンヤオチートイ赤赤・・・・裏々!倍満です!」

まさかの逆転劇である。ちなみに裏ドラも五萬

執念が生んだ16000に俺は・・・・

「それダマじゃねーの?」
と嫌味を吐くぐらいしかできなかったのであった・・・・w


隣の卓と時間を合わせるためにこのまま東風戦を1戦打つことになった。
が、前の半荘の勢いそのままにうどんが突っ走る。
東風戦だというのに68000の大トップ。
俺は座ってるだけの2着だった。
うどんフィーバーである。


とりあえず今のうどんから逃れたいな、と次の組み合わせ表を確認する俺であった。
                                                    続く
スポンサーサイト
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。