マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後ヅケ 【芋】
最近、フリーへ行く機会もめっきり減って、穏やかな日々を送っている。
たまに雀荘へ行くことがあっても、知り合い同士のセット麻雀。
セットは大抵四人サンマをするのだが、そのルールが喰いタン後ヅケナシナシ
サンマで鳴きタンは大勢に影響を与えないとして、後ヅケができるかできないかは大きい。
一九が手牌にあれば1枚につき1000点加算(ツモればオール)のルールなので、一九と役牌の出る順番だけで大きく展開が変わったりする。
そのルールはそのルールで、絞る価値が生まれるなど面白さはある。


が、後ヅケ無しのルールは、何がOKで何がNGなのかがややこしい。
つい先日、こんなことがあった。
流局直前に形式テンパイにとろうと、四筒をポンするIさん。
そして牌底でTさんが切った發に対し、
I「これは牌底だからアガれるんよな・・・」
と牌を倒す。
三筒三筒七筒七筒七筒四索五索赤六索發發 ポン四筒横四筒四筒 ロン發
ドラが七筒で牌底発ドラ4のハネ満。


いや、どう考えても後ヅケだろう・・・(#^ω^)ビキビキ


と、思ってツッコんだが、結局アガりは認められる。(僕も第三者だったので特にツッパらず)
これを契機に、何がよくて、何がダメなのかという議論が起こった。
例えば白發のダブルバック待ちはいいのか?
チャンタし掛けで最終が14待ちで1ならアガれるというのは?
また、
12456789 (44) ポン(666)
こんな仕掛けで3をアガってもいいのか。


完全先付けと、後ヅケなしをごっちゃにしてしまいそうなのもややこしいところ。
後ヅケなし、を正確に定めたルール表はどこかにないものか・・・
スポンサーサイト

両面【長岡】
すげー久々に記事を書く。
麻雀に触れることがなさすぎて記事が何も思い浮かばないっていう状況だった。
遅れを取り戻すために今来週はちと麻雀を打って多目に書こうと思う。


さて、タイトルの「両面」ってのは麻雀の両面待ちと見せかけて実はまったく違います。

スイカ、というものがある。
まぁご存知の通りキップを買う必要を省く電子イオカードのことだ。
これは財布の中に入っていてもそのままタッチできるという優れものである。

だが落とし穴はあった。
俺は長いサイフを使っており、たまに逆側でタッチすると反応してくれないことがあるのだ。
これは後ろに人が溢れていたら迷惑だし、少し注目されてしまったりしてだるい。
真ん中あたりでタッチすればかなり拾ってくれるのだが
そうそううまく真ん中でタッチできるものではない。
基本的に日常生活において多少でもストレスになることは避けたい性格なので
こんな些細なことでもイライラしてしまう。

そこで俺は考えた

スイカを2枚買って両方に入れればいいじゃないか!と。
名案である。(小学生並だが)
これを「両面スイカ」と名付けすぐさま2枚目を買い
2枚共大量にチャージした。

これで快適になる!

・・・・かに思えた。


まぁ普通の頭を持ってる人なら勘付いたであろうが



入場したほうのスイカじゃないと入場記録がないから退場できないよね!



・・・・はい、疲れてました色々。


まぁ同じことをやった奴が全国に1万人はいるだろう。
いるはず。
いやいてくれ・・・。


さてとりあえず体調を整えて麻雀に励むとしよう。
天鳳の鯖が最近弱いのが多少不安ではあるけど。。。

交流戦について自分の牌譜で2,3書こうと思うので
次回はそれ。

後の先 【芋】
この局の打ち方を見て欲しい。
僕の中でこの1局はちょっと褒めてあげたい。
3巡目に(45)ターツはずしに出るところは手順。
このリャンメンターツにすんなり手がかかるのは調子がいい証。
ポイントは7巡目、上家が三を切ったところだ。


一萬一萬一萬四萬四萬五萬五索五索南南 ポン九索九索横九索
ここで上家が切った三をスルーした。
まぁ普通なんじゃね?、と思うかもしれない。
けれどこの時僕は南3局で断トツトップ目である。
打点は必要ない、にも関わらず三をチーしてテンパイにとらなかった。


それはここで三をチーすると、「押し返し」ができないからだ。
三をチーしたとする。
おそらくテンパイ一番乗りであろう。
しかし、追いつかれてしまえばジ・エンドだ。


1000点の2枚。
これでは他家からリーチがかかれば当然オリに回る。
いや、リーチしてくれればまだ気が楽だ。
他家から脂っこい牌が出てきて、テンパイかもしれないという気配が出ただけで押し引きに苦しむことになる。
親が2副露目を晒したとしても、もう前へは出れない。


三をチーする代わりに、四や5をポンしたとしたらどうだろう。
打点的にも、枚数的にも、他家と勝負できる形になっている。


「全ツをするに足る形になっているか否か」
それにより押せるのか、オリに回るのかが決まる。


「後の先」という言葉があるが、その感覚に近い。
相手が先に動き出す。動き出したら軌道は変えられない。
すると、後から動いて、先を取る。あざやかである。

後の先高野圭介 essaygonosen html
攻撃は、主動がとれるという利点があるが、一方で不利な戦闘になり損害が多くなりがちという不利点もある。逆に、防御は、有利に戦闘することができることが多いが、防御しているだけでは勝てない。このディレンマを解決できる一つの方法が、「後の先(ごのせん)」である。

後の先について [Sudden Strike 2 Study by Kurt]


この後、南が出てポン。
そしてトイトイには受けず、今度は四を切り出す。
さきほどスルーした三六に受ける。
このチグハグ感が僕には逆に心地いい。
ともかく、押し返せる形になっている。
対面がリーチをかけようとした三で1300点のアガりとなった。

第2回交流戦 【芋】
「記事は熱い内に書け。」
というが、また書くのが遅れてしまったのは私生活の乱れのためだ。
最近解消しなければならない問題に追われつつも、全く行動していない自分に嫌気が差す。
第2回天鳳交流戦に長岡と共に出場した。
まずは自分の打牌を見直していこうと思う。


牌譜はこちらから。
     三河屋
紅鉄姫       おきしん
      芋


2回戦までのトータルポイントが、
アニメ +23
雑スレ +28
配信 +37
何切る -88
と、かなり苦しい展開。
本来、僕はトータルポイントを全く意識せずに打つつもりだった。
しかし、これほど差を付けられてしまうと、そうもいかない。
もしここで2着を取ったとして、トップを取ったチームとはさらに30 pt開くことになる。
残り二人でその差を挽回するのは、現状よりも苦しい。
後々にさらに苦しい条件が残るぐらいなら、トップを狙っていくことに決めた。


東1局。
嫌なことと、良いことが同時に起こる。
嫌なこと: 出親を引いてしまったこと。
良いこと: 配牌が、
二萬二萬三萬五萬六萬六萬七萬一索東南北發發 ツモ發 ドラ一萬
だったこと(*´Д`)
3巡目に7sを残して2枚切れの北を切ったが、この7はいらなかった。
仮にツモ6とくっついたところで、初牌の白、ダブ東を切っていくのは気が引ける、ということは7は要らない。
幸先良く、5800和了。


東1-1
2巡目にサブちゃんからリーチがかかる。
安牌の字牌から切っていったが、普段ならアガりの可能性など露ほども追わず、二をさっさと切っている。
その方が追っかけリーチに備えられる。
一応アガりの可能性も探った、というところがトップ狙いの意識が強かったこと、その力みを表している。


この微妙なバランスの崩れは、後々の打牌でも随所に現れる。


東2局
2ちゃんねるでは「また芋は混一色か」と言われるほど染め手一直線の手牌。
とはいえ、2巡目
七萬二筒四筒五筒六筒八筒八筒九筒東東西中中 ツモ九萬ドラ七萬
ここは西だったか?
ここでも打点にこだわっている。
トップ狙いの力みが出ている。

第2回公開対局 2/4回戦 【芋】
2回戦(クリックで牌譜を見れます)
A(東家) 赤い迷路☆*
B(南家) ★鉄風少女☆
C(西家) 〓松井CS〓
D(北家) 理不尽大王☆
まずは1回戦目トップだった鉄風少女の手を見る。
この半々チャンをしっかり打ち切れるかどうか。
守備気味になり役牌ポンを躊躇したりするようではいけない。
いかに普通に打てるか。


配牌は
一萬三萬三萬四萬六萬七萬七萬五筒七索東南南中 ドラ四筒
役牌南がトイツ、混一色へ向かうかどうか微妙な判断が迫られる。
1巡目(9)をツモ切り。
直後に出た南をポンして7切り。


普通・・・おそらくマジョリティの打ち方。
しかし、もし僕ならはこの南はスルーする。
ポンすれば一牌切ならなければならないが、その牌が難しい。
混一色へ行くかどうか決めきれない、序盤のツモによって見極めたい。
よって消去法的にスルーする。


松井CSさんがリーチをかけ、ツモり三暗刻を見事アガって満貫。


東2局。
考えてみればなぜか赤い迷路さんについてこれまで全く触れてなかった(^ω^ ;)
ということでここで登場。
北家 5巡目 ドラ九索
五萬五萬六萬六萬二筒四筒五筒五筒七筒九筒五索八索九索 ツモ三索


難しい・・・
ドラが9なので、ペンチャンは見切れない。
タンヤオの可能性も残っているので、(9)切りだろうかと僕は考えた。
赤い迷路さんは二筒切り。
(9)切りと比べ、牌効率的にはこちらの方が随分いい。
ドラが9であることを踏まえれば、(2)切りがむしろ本手か


この後ツモに合わせてチートイシャンテンへ。
再び松井CSさんからリーチがかかる。
今上家が五を切ったところ。
WS000088.jpg

ギリギリの選択だが、六を切れない以上、アガりにいくならトイトイ。
9も安牌であり、やはりポンするところ。
三色同刻も見えてきた。
しかし14巡目にテンパイし、あえなく(2)で放銃。
ここで(4)を切って放銃を回避できる、という長岡の指摘には感心せざるを得ない。


東3局。
赤い迷路さん配牌赤3キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
が、丁寧に打つもツモが全く伸びない・・・
松井CSさんが中ドラドラの5800をさらに上積みする。
これでほぼトップは確定か。
理不尽大王と鉄風少女の2着争いが焦点となる。


東3局 1本場 ドラ七索
この局は全員手がまとまっている。
気になったところを2つ。


①北家の鉄風少女、4巡目
三筒四筒五筒赤六筒一索二索三索五索六索西西北北
北が出たらポンして47待ち高め3900。
(2547)ツモ時に切るのは西か北か、これは難しいところ。
ツモ(27)なら三面チャンだし北切りで面前ピンフ、逆にツモ(45)時には西を切って、
(345赤56) 12356 西北北
これなら北をポンしたときに(25)チーが利く、なんて洒落たことを言ってみるw


ここで鉄風少女は四をツモり(3)を切ったが、どうだったのか・・・
四を残すということは当然456の可能性に気付いている、おそらく四をツモる前からこのツモが来たときの対応を考えていたのだろう。
しかし、変化の多い(3456)形を残した方が良かったように思う。


②東家の松井CSさん6巡目
WS000089.jpg

ここで手拍子で七じゃなく8を切ったのは機敏だった。
ドラが出て行くツモ9を拒否する代わりに、七や7が出たときポンしてタンヤオへ向かえる。
芸が細かい。


理不尽大王のリーチに鉄風少女が(2)一発放銃。
(2)を止めればアガりには向かえない、がそれでも西のトイツ落としだったと思う。
あぁ、4巡目に四をツモ切っていれば、(2)は三面チャンが完成するツモだった・・・痛い。


ここからの3局は稚児配信でいろいろ言ってたことが頭に残っているので省略。
松井CSさん、見事トップ。

第2回公開対局 1/4回戦 その2 【芋】
ちなみに、僕が帰宅したときには公開対局は既に終了しており、ショタ声さんと長岡が牌譜検討をしているところだった。
配信は2回戦目の最初辺りから見始めたので、半チャン1回目は稚児検討を見ずに書いている。
牌譜は公開対局スレに貼られている。
779
:01 ◆0xznX4/.dc [sage] :2008/04/06(日) 23:51:01 ID:??? ◎
[1回戦]
A:〓松井CS〓(-23) B:理不尽大王☆(+3) C:★鉄風少女☆(+32) D:赤い迷路☆*(-12)
http://tenhou.net/0/?log=2008040522gm-0001-12738-34be4664
[2回戦]
A:赤い迷路☆*(-37) B:★鉄風少女☆(-22) C:〓松井CS〓(+49) D:理不尽大王☆(+10)
http://tenhou.net/0/?log=2008040522gm-0001-12738-a51b117f
[3回戦]
A:★鉄風少女☆(+42) B:〓松井CS〓(-21) C:赤い迷路☆*(+5) D:理不尽大王☆(-26)
http://tenhou.net/0/?log=2008040522gm-0001-12738-ef1d78aa
[4回戦]
A:★鉄風少女☆(+40) B:〓松井CS〓(-30) C:理不尽大王☆(-15) D:赤い迷路☆*(+5)
http://tenhou.net/0/?log=2008040523gm-0001-12738-ccec68a4




ちなみに今1回戦東3局まで書いたところだけど、4回戦目については少なくとも記事を書かないつもり。
これは稚児配信でも言ってたように、4回戦目はトータル順位が絡んでくるせいで、ニュートラルな状態と比べ打牌が大きく歪んでしまっているからだ。


公開対局での勝敗の決め方とそのいきさつは、理想雀士ブログに書かれている。
勝ち組の麻雀 麻雀日記:勝敗はトータルの順位率で決める - livedoor Blog(ブログ)
僕個人としては、もともと理想雀士が提唱していた、「各半チャンを独立したゲームとして見る」という考え方に賛同していた。
「条件」という縛りが、打牌を歪ませてしまうのは好ましくないと思っているからだ。
これは東風戦に対しても当てはまる。


ともかく、東風戦4回の順位率で勝敗を決めるということで、各順位の差が等価であることになった。
2着からトップになる価値と、2着から3着に落ちる価値は等しいことになる。
そのことを考えると、東3局3巡目に東をポンしたとき、
四萬六萬八萬二筒二筒四筒五筒六筒六筒八筒中 ポン東東東横
松井CSさんがここから四を切って混一色に向かったのは危険だった。
23,700点の2着目、3着と1000点、ラスとも1300点差しかない。
染めてトップを目指すより、2着目のままオーラスを迎えることが重要な場面だった。


松井CS九段は、ラス回避麻雀を徹底し、それを継続してきた打ち手だろう。
ストイックさという点において、松井CSの右に出る人はいないと言ってもいいはず。
もしこの東風戦が通常の対局であったなら、松井CSさんは2着を守ってラスに落ちない位置をキープしたと思う。
公開対局でもその粘り強さが見たかった。


オーラス。
チャンスがあったのは1000点でOKの2着目理不尽大王。
WS000086.jpg

上家から出た北をポンするかどうか、これに関しては理不尽大王本人が自身のブログで言及しているのでぜひ読んで欲しい。
公開対局自戦記1|ケチョンの日記
状況的に鳴きづらい、という点については完全同意。
・1000点でいい場面で、混一色ドラ2or3という手は必要ない。
・ラスからの満貫直で一気にラス落ちまである
(ただし、天鳳は7700が切り上げじゃないので、その場合は同点で頭ハネ3着になる)
しかしこの手を染めなければ、チートイになる。
アガりトップの場面でのチートイは、混一色と比べても相当苦しい。
その分守備力はあるのだが。
また、無駄に満貫手であることで、3着目の親が不用意に向かっていけない牽制にもなる。
なにはともあれ、ポンの一択ではなかったか。


その後、理不尽大王氏は12巡目にドラの1じゃなく2を切るべきだったと悔やまれていたが、僕はその場面は気付かなかった。
ただ、それよりも14巡目
WS000087.jpg

北も1も2枚切れで、ここは牌効率という面から見て2ではなく北を切るべきだった。
そうすれば同じように進んだとき、16巡目の3をチーしてテンパイに取れていた。
この差は大きかったように思う。


1回戦は鉄風少女のトップで終了。
p.s. 今少し稚児検討を見ていたが、最善手かどうかの判断が僕と違うところはあるとはいえ、取り上げるポイントは大体同じだったのが面白い。

天鳳神奈川オフ レポラスト【長岡】
紆余曲折あった麻雀も無事終わり、飲み会に移行することになった。

気になる内容は麻雀の話や雑スレの話、特に
某ショタ声の人某猫AAの人某悟空氏の話題などで盛り上がった。
(都合により個人名は伏せさせていただきます)

配信してる人間が過半数ということもあり、ライブチューブの話題は多くあがった。

さて、オフに行った人すらも知らない事だが、
飲み屋のトイレ前にてこんなことがあった。

トイレがひとつしかないため、前には4人ほど並んでいた。
俺の後に茶柱も来て、軽く談笑していると
前の男が突然話しかけてきた

男「入れたいっすよねぇ~」
俺「はい?」
茶柱「(苦笑)

男「いやだから、入れたいっすよねぇ~」
俺「は、はぁ・・。」
茶柱「(苦笑)

男「いやだからね、穴に入れたいと思いませんか?(大声)」
俺「は、はぁ。思います・・・。」
茶柱「(目を合わせない)

男「俺は常日頃からそう思ってましてね、今日も・・・」
俺「あっと!トイレ空きましたトイレ!はよ行ってください!」
茶柱「(すでに距離をとっている)

男「じゃあとっとと済ませます!俺は早いっすよ!いやでも早漏じゃないからよろしく!」
俺「わかったので早くしてください」
ソイツの背中を押す俺。


この後用を済ませ出てきた男はさらに茶柱に絡んだそうである・・・。


飲み会も終わり、茶柱、うどんの2人は終電も近いので帰ることになった。
残りの6人はおきしんの家に遊びに行くことに。

最寄駅に着いて、酒やつまみの類はあまりない、ということで道中で買出しにコンビにへ。

その時買ったレシートが手元にあったので紹介。
ちなみに各々好きなもの(つまみや酒)などをかごに入れてねーって感じの買い物だった。

ビール×7
カクテル×6
野菜ジュース×1

柿の種×2
スナック菓子×5
キムチ×1

今日のくだもの大満足みかんゼリー×2
完熟果物白桃ゼリー×1
完熟果物白ぶどうゼリー×1
牛乳プリン×1
なめらかプリン×1


お前らどんだけスイーツ(笑)好きなんだよ!


おきしん家ではまぁ漫画読んだりダベったり寝たり漫画読んだり漫画読んだり配信見たり漫画読んだり漫画読んだり漫画読んだりした。

あの部屋のサイズで6人も行くのは当然無理があって雑魚寝状態だった。
違法入国外国人の家はこんな感じなんだろうなぁと思った

昼になってみんなで松屋にいってその後解散。
これにてお開きとなったのでありました。


おまけ:今回のオフでわかったこと
・有栖はヘイホー信者
・HGSTは実は上級者
・うどんは低カロリー
・おきしんは案外やさしい
・だいすけは変態の中の変態
・茶柱は保存
・てんぽいんとはピュア


これにて長く続いたオフレポも終了です
(いやーもう2週間前のことなのにね)
公開対局、交流戦など書くべきことはまだまだいっぱいあるのでこれからも頑張って書いていこう。

天鳳神奈川オフレポその5+雑記【長岡】
久しぶりに更新です。
いやー新学期のバタバタでゆっくり記事書く余裕がありませんでした。

芋も記事を書いてるけど、天鳳@公開対局が5日の夜にありました。
自分は牌譜の検討にゲストとして参加しました。
一応自分が出てる分だけはっときます。
内容は・・・・聞いてみてください。

どうやらショタ声らしい人が牌譜検討

http://livetube.cc/chigo0822/%E3%81%A9%E3%81%86%E3%82%84%E3%82%89%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%BF%E5%A3%B0%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%8C%E7%89%8C%E8%AD%9C%E6%A4%9C%E8%A8%8E%282%29


どうやらショタ声らしい人が牌譜検討(2回目)

http://livetube.cc/chigo0822/%E3%81%A9%E3%81%86%E3%82%84%E3%82%89%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%BF%E5%A3%B0%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%8C%E7%89%8C%E8%AD%9C%E6%A4%9C%E8%A8%8E%282%E5%9B%9E%E7%9B%AE%29


公開対局の大まかな内容等は芋に任せるとして、
自分が参加した検討の裏話とか感想なんかを次の記事で書きたいと思います



ここからオフレポ続き

7&8回戦 カツカレーうどん てんぽいんと HGST 卓

さてオフも佳境に入り、残り2回に決まった。
自分はここまで+約50ほど稼いでいるがチップは-10枚と大ヘコミ。
なんとか最終節では挽回したいと考えていた。

7回戦、またしても一方的、いやこの場合二方的な展開とでも言うのだろうか
HGSTと俺が突っ走る展開になってしまう。

HGSTと俺の手がカチ合うことはあまりなく、脇の2人は逆にカチ合いつつ
リーチ負けやめくりあいでことごとく負けてしまっていた。

オーラス、てんぽいんとの親を迎えて
俺 33800 HGST 34300 てんぽいんと16600 カツカレーうどん 15300

こうなっていた。
はっきり言って全員が1000~2000点条件なので前に出てくる状況ではる。
激しい場になる事は予測できる。
こうなったら手が入った奴の勝ちだ。

手が入った、というか最初に仕掛けていったのは俺とうどん。
2人とも中盤には2フーロしており、俺はマンガンテンパイ。
HGSTはやや手になってないようでツモ切りを繰り返していた。

残り1順、もう流れるかと思った矢先、俺はど危険牌の3pを掴んでしまう。
押すか引くか迷ったが、ツモは残り1回。残りの2人がテンパイ気配がない以上
押すしかない!

・・・と、それが当然うどんの役牌赤1にささる。
うどんはラス回避、そしててんぽいんとはラス落ち。

ごめんね、天さん・・・・

8回戦(最終戦)

ここでようやくてんぽいんとに手が入る。
東場の親で4000オールを引きあがり、ゲームの主導権を握った。
続いて3900をアガリ、トップを固めたかに思えた。

だがここからの展開が酷かった。
うどんが面白いように両脇に打ち込み、さらに俺にダママンを打ち上げるなど、オーラスを迎えて
横並びになってしまっていた。

俺36000 てんぽいんと35000 うどん 4700 HGST24300

ここで親のHGSTの手が早い。
7順目で親リーをかけてくる。
俺はこの局は捨てる覚悟をしてオリへ。
てんぽいんとは当然押す。
うどんも当然押すが、2順後あっけなく決着がつく。

HGST「ロン」

うどんからロン・・・・打点は・・・?


メンピン赤・・・・12000で終了。

綺麗に裏でまくられてしまった。
だが俺よりも酷い扱いになってしまった人もいる

てんぽいんと
35000持ってても
3着


以上で麻雀は終了。
最終結果をここに書いておきます。

天鳳神奈川オフ結果

順位   合計得点 得点 チップ収支 1位-2位-3位-4位  プレーヤ名
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1   +254  +202  +26枚    4- 2- 0- 1    HGST

2   +115   +95  +10枚    2- 3- 2- 0    ねこだいすき 
3    +90   +58  +16枚    3- 0- 1- 3    茶柱立樹
4    +75   +87  - 6枚    2- 3- 2- 1    長岡大明神
5    +17   +45  -14枚    2- 3- 2- 1    有栖
6   -127  -125  - 1枚    1- 1- 5- 1    カツカレーうどん
7   -155  -125  -15枚    1- 2- 2- 3    おきしん
8   -279  -237  -21枚    0- 1- 1- 5    てんぽいんと

オフレポも次回でラストです
本当はもっとさくさく記事かければよかったんだけど・・・
早く更新しる!とスレ、配信で言われる毎日でした・・

第2回公開対局。 【芋】
4/5(土)に行われた、第2回公開対局の牌譜を検討する。
ホントは昨日松井CSさん視点で少し書いていたのだが、FC2鯖落ちマジックに会い記事が消失。
よって前フリは大幅に省略の方向で(^ω^ ;)


1回戦
東家 〓松井CS〓
南家 理不尽大王☆
西家 ★鉄風少女☆
北家 赤い迷路☆*
皆、ネト麻ではかなり名の知れた打ち手。
僕はその辺のところをあまり詳しくはないが、とはいえ松井CSさんだけは天鳳をやっているものなら誰もが知っているだろう。
言わずもがな、天鳳唯一無二の九段到達者である。


東1局、その松井CSに、親でいきなり配牌ドラ暗刻のチャンス手がやってくる。
この手をアガれるかどうか、4回戦の流れを大きく左右するかもしれない。
3巡目
三萬四萬四萬七萬九萬九萬六筒二索二索二索三索五索七索 ツモ七索ドラ二索
ここで九を切ったということ、これだけで松井CS氏の実力の高さは示されると思う。
安易な手なりではない。
チートイツではない。
この手の本線はタンヤオ。
結果的には裏目を引いてしまい、対戦中は精神的にも苦しかったかもしれない。
けれど牌譜は正着を記録してくれている。


東2局
東1局で松井CSのチャンス手を1000点で蹴った理不尽大王、その親番に今度は整った手が入る。
6巡目の段階で
五萬六萬七萬七萬二筒四筒五筒六筒六筒八筒六索七索八索 ドラ三筒
ここでツモってきたのは二索
ツモ切りか、(2)切りかの選択。
ドラが(3)だが、ドラツモでもフォローが利いてシャンテンに取れるので(2)切り。
直後に鉄風少女からリーチがかかる。
2巡後理不尽大王は2を重ねて追っかけリーチをかけるものの、鉄風少女のツモアガり。
鉄風少女は6巡目の段階で
六筒六筒七筒九筒九筒四索五索六索六索八索東東東 ツモ五筒
このカン7テンパイ(1枚切れ)をしていた。
しかし8切りでテンパイはずし。
そして6をツモっての変則三面リーチをかけ、3ツモアガり。
もしもカン7のままリーチをかけていたなら、親とのリーチ勝負がどう転んでいたか分からない。


東3局、親番の鉄風少女に視点を移す。
この切り巡は正に見事だった。
2巡目
一萬二萬四萬五萬七萬三筒七筒九筒三索三索五索五索七索 ツモ六索ドラ九萬
一を切り、タンヤオとツモ八からのドラ受けを見る。
3巡目 二四五七 (379) 335567 ツモ四
次は(9)を切ってシャンテン数落とし。
マンズは厚く構え、タンヤオへ。
4巡目 ツモ八 (7)切り。
6巡目 ツモ8 二切り。
四四五七八 (3) 3355678
この切り順は華麗で美しいとすら思える。
プレッシャーのかかる公開対局で、この打牌を打てる強さ。


結果は理不尽大王のリーチに、松井CSが一発放銃。
リーチがかかった段階で、この一発放銃を回避するのは不可能。
しかし、そこに至るまでの過程で、松井CSさんらしさが欠けていたように僕には見えた。
続く

デジタル雀士として 【芋】
一昨日の話しだ。
南2局 南家 10巡目 ドラ八
僕は27,000点持ちの2着目。
ピンズ混一色のイーシャンテンだった。
三筒四筒八筒八筒八筒九筒白 ポン發發横發 ポン一筒横一筒一筒
ここで西家からリーチがかかる。


一萬九筒七萬六萬北七筒
四索南中東横(リーチ)


この日、僕はこの下家のメンバーTに恐ろしく振り込んでいた。
(ちなみにTは以前愚痴記事を書いてしまったTと同一人物だ)
自信ありげにリーチをかけるT。
僕が捨て牌的に比較的通りそうな牌を切ると(例えば中盤に56pと切っているところへの7p)、それが当たる。
吸い込まれるような感覚を覚える。


こういう時、捨て牌の心理戦に持ち込まれてはいけない。
つまり、相手の捨て牌を意識して、微妙に通りそうな牌でも切れなくなってしまうことだ。
そうならないためにはどうするか、相手にリーチをかけさせないことだ。
リーチをかけられ、対応する側に回らない。


とはいえ、またしてもTのリーチと相対することになった。
なんとなく、チートイ臭いリーチ。
一発目に引いてきたのは一索
押すべきか、引くべきか。
逡巡したのち、まず通るだろうと納得して1をツモ切り。
しかし、一発チートイ赤裏裏の12000に振り込んでしまう。


驚いた。
通るはずだ。
というのも、親がソーズの混一色へ向かっていた。
場に1枚切れで残り2枚の1、もし親に1枚でも持たれていたら残りは1枚、アガり目は薄い。
そういう点を考慮すれば、チートイで1待ちは選択しづらいはず、はずなんだが・・・


しかしこの「通りそう」という認識は、間違いだったのではないか。
なぜなら、この「通りそう」と思った根拠は、心理的要因でしかない。
デジタル雀士が視るべきは、心理ではなく牌理。
心理的駆け引き、そういったギャンブルはオカルターに任せておけばいい。


もっと無機質に牌姿を捉えるようになりたい。
そんなことを思いながら、オカルトシステムNO.35に従いラス半をかけた。
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。