マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから東風戦を打つことで 【芋】
WS000093.jpg

成績が悪化すること間違いなしなので記念パピコ
スポンサーサイト

東風戦 【芋】
しばらく、天鳳を東風速卓で打とうと思う。
しばらくというのは、四段になるまでだ。
さっき一度打ってみたが、基本打牌速度が遅いので速卓はキツい。
ミスもかなりしてしまいそうだ。


で、四段になるまでという目標があるので、打ち方も段位pt優先でいく。
現在二段なので、それぞれの順位の価値は、
+20pt +5pt ±0 -20pt
以前にも書いたが大切なのは各順位段位pt差であり、
±15 ±5 ±20
ラスに落ちるリスクを最小限に抑える戦い方が求められる。
せっかくR2100を超えたところだったが、かなり急落することになるだろうがまぁ仕方ない。

牌理に関するエトセトラ 【芋】
もういい加減覚えておかなきゃいけない形ってのはある。
麻雀は暗記科目なのだから。
例えばこういう形
三萬四萬四萬六萬七萬八萬三索二筒三筒四筒七筒八筒八筒八筒
これは四切りである。


打牌候補は3か四といったところだろう。
まず3を切った場合。
リャンメン待ちとなる受け入れは二五四 (6978)の7種21枚。
対して四切りは二五 3 (697)の6種22枚。
枚数自体はほぼ五分。
しかしそれに加えて3を残しておけば、ツモ24で8種27枚になる好形変化がある。
ツモ2
三四六七八 23 (234888)
三色というおまけ役を付けてみたが、それがなくても四切りだろう。


この考えに異論がある人もいると思う。
3切りならばツモ一はともかく、ツモ三(5)の受け入れがあり、テンパイチャンスは広いのだから。
しかし、僕の今の考えで言うと、「テンパイしていること」よりも「即リーチが打てること」こそが重要である。
これに関してはまたどこかで書くかもしれない。


ただし牌姿が少し変われば正着も変わる。
三萬四萬四萬七萬八萬九萬四筒七筒八筒九筒七索八索九索九索
今度は四を切るのはボーンヘッド。
というのも、4が横に伸びたとしても好形変化にならないからだ。
これは9切り?
しかしもしソーズ形が7899ではなく6788や5677ならば4切りが正着になる。


五萬六萬六萬七萬八萬九萬四筒七筒八筒九筒七索八索九索九索 ドラ六萬
おばかミーコに出てきた牌姿だが、これなら9一択だ。
何が大きいって、これならツモ七でも即リーが打てるところ。


なんか話しがまとまってないまま投稿するけど後で校正しよう・・・

赤が役の雀荘【長岡】
赤5pがあるだけで役としてあがれる雀荘がある。
一番有名なのはさかえ系列。
これは全国的に糞ルールとして広く認知されている。

自分はその系列で働いていた経験があり、
自分にとっては実はなじみの深いルールである。

だが実際に打ってみるとわかるが、
このルールは非常に打ちにくい。

まず、仕掛け役が特定しにくい。
赤が手の内にあるということは要はなんでもアリなわけで
5p雀頭だったらもう読む事は不可能と言える。

次に、体感ではあるがやけに場が動く。
赤につられてなのだろうか、早仕掛けをする人が多く
体的にアクティブな場になりやすいのである。
仕掛け派の多い卓はそれだけで機敏な対応を迫られる。

また逆に配牌で赤があるところは当然有利になる。

つまり、たった1枚でゲームバランスを崩壊させかねないほどの破壊力があるのである。
これを糞ルールと言わずして何が糞ルールだろうか。

ちなみに、昔はなんと赤5pが2枚入っていた

もはやバカゲーである。



だがこのルールはめちゃくちゃ面白いのだ。
ひとふた言では言い表せない中毒性がある。
ギャンブル廃人には是非おすすめしたい。


おまけ

05/15 | 牌譜 | 速特東喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2008051514gm-0061-0000-fb60dce5&tw=0
4位 A:長岡大明神(-37)

役満を警戒して役満にささった牌譜。
何をいっているのかわからねーと思うが暇な人は見てみてください


役満あがっても1300円しか勝ててない件。 【芋】
僕の住んでいる地域には数えるほどしか四麻フリーがない。今まで点5フリー店1つとピンフリー1つだけで、価格競争が起こらないため場代も高い。そんな中最近ピンフリーが新たに1つできた。
500円+トップ200円となかなかリーズナブル。
まだ店の認知度自体が低く、客数が伸びず経営不振で早々閉店、なんてことになられるのは困る。応援の意味も込めて行ってみることにした。


その半チャン4回目の東3局北家。
アルティマ卓から出てきた13牌を開くとマンズがドサッと固まっている。(2)がトイツだが、これを切って染め手にもっていくべきか否か・・・とよくよく見ると(2)はトイツじゃなく暗刻っているじゃまいか。
一萬二萬二萬三萬三萬四萬五萬赤七萬二筒二筒二筒西西
ダブリーチャーンス。
上家が第一ツモをツモり、う~んと唸っている。
僕は手変わり変化を調べる。
((一ツモなら一盃口リャンメン待ちの最高変化、ツモ八なら二切りリーチでいい。カン六待ちのままでも当然ダブリー赤の5200(*゚Д゚)ウマー))


「まぁ遊んでみるか」
そう呟いてから五萬を切り出す上家。
続いて僕は六萬ツモ。



ふむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?








「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおツモってやがるぅううううううううううううううう父父ちちちーふぉえええええ~~~~~~~」


という狂喜乱舞を抑えて、「ツモです」と声を出した。
「え!?」という同卓者のほんの少しの空白思考の後、

「ああああああああああああああああああああ」

喘いだのは上家だった。
流せていた。
配牌九種九牌。
九種九牌有りの店。
迷った挙句国士に向かったのだった。
上家が考えている間、余計なこと喋らなくて良かったぁ~(^ω^ ;;)


役満祝儀1000円オールに加え、55,000オーバーで即終了ルール、しかもマルA。
この1局だけで1万以上の収入。
初めて来た僕に、店が次も来て下さいね、とご褒美をくれた。
ありがとうございます、その後もしばらく打って、3→1→4→1→1→3→3→4で結局+1300円で終了です。





俺弱すぎワロタ

国士無双リーチ 【芋】
やはり、最近はサンマのセットが多い。
つい先日のこと。
僕は北家の抜け番で、小説などを読んでいた。
親のTからリーチ、という声が聞こえる。
三筒六索七索五筒九萬二索
九索横 リーチ
僕は小説の続きを読む。
13巡目に上家が切った南に対しTがロン。
手牌を倒す。
一筒九筒一萬一萬九萬東西北一索九索白發中 ロン南


その数日前のセット麻雀で、同じようにTは国士無双リーチをかけていた。
捨て牌は明らかな国士調、僕ともう一人は共にベタオリ。
結局流局し、国士のテンパイが開かれる。
場ゼロの白待ちだった。


Tと二人の帰り道、国士リーチの話しになった。
僕はリーチをかけるのは明らかにデメリットだと主張。
Tは自分はよくかけることがある、と言っていた。
で、今回再び有言実行し、みごと成功させたわけだ。


その現場を第三者から見てみて、国士リーチがまんざらデメリットだけ、というわけじゃないなと思った。


まず、相手にまっすぐ打たせない、という点が大きい。
サンマだとリーチをかければ大抵満貫はある。
となると、国士テンパイとは言え、相応のリスクを負うことになる。
もし他家二人が降りたとすれば、少なくとも失点することはなくなる。


相手にまっすぐ打たせなければ、終盤までもつれこむ可能性は高まる。
その分自分がツモる回数も増える。
サンマは3牌に1つは自分がツモれるので、もしベタ降りされてもアガれるチャンスは十分ある。
少し脱線気味だが、サンマだとツモり損がある分出アガりの方がいいという見方もあるが、箱下計算なしならむしろツモアガりの方が効率が良かったりする。


また、リーチをかけられた側の対応も、簡単ではない。
国士臭いとなると13枚のヤオチュー牌、全てが切りづらくなる。
ヤオチュー牌を切れないとなると、オリ以外に選択肢はない。


振り込んだ方のダメージ(なんてどうでもいいかもしれないが、)は国士リーチだと計り知れない。
ダマだと油断や不意打ち、交通事故と言った気持ちにもなるが、リーチにツッパっての放銃だとそういう言い訳は利かない。
手牌が倒されたとき、それが国士だったときの衝撃は半端ではない。
役満すらリーチをかけてくる、という恐れを相手に抱かせることもできる。


国士リーチはまんざらでもないかもしれない。
ただし、サンマに限り。
また終盤にかけるのはいくらなんでも得策ではないと思う。

突っ撥ねるリーチか、引き付けるリーチか 【芋】
遊走ブログの牌譜検討
T1-0
2打目の八切り、こういう打牌をする人は、すごく雑な打牌をしている印象がある。
俺ならチートイ東単騎になった地点で即リー。
R2065は強い一待ちに受け換えダマ続行、下家が1つ晒すところまで引き付けてからリーチ。
満を持して、といった感じのリーチで悪い印象はない。
突っ撥ねるリーチか、引き付けるリーチか、どちらのリーチが勝るだろう?


T1-1
アガってくれ、と言わんばかりの牌の寄り。
4巡目
六萬九萬九萬五筒六筒七筒七筒八筒八筒五索六索六索七索 ツモ六萬 ドラ五筒
僕ならここで九を切る。
567が見えなくなるのが少し寂しいが。
上家からリーチがかかり、(3)を残していれば直後に(4)を引いて親満リーチが打てていたところ。
けど発は初牌だし、(4)を引いてテンパイしても危険牌(7)が出て行く形。
テンパイ逃した後も熱くなって発を切らず、しっかりベタに回ったところはいい。


T2-0
配牌8種8牌、クソ手。
これは何もできない、書くこともない手のはずだったが、中を重ねる。
そして直後に中が出てポン、ドラが発なので4切り。
WS000092.jpg

これはさっき書いたところだが福地さん得意の裸単騎仕掛けと同質だ。
この後上家が急所の(3)でも出せばチーすることになり、裸単騎の夢が見えてくる。
僕はこういう形から中を鳴かなくなった、ということ。


ここまで書いて、遊走ブログをチラッと見る。
どうやら、遊走はあまりやる気がないようだ・・・ということで次へ。


③【どもども】長岡大明神【長岡です】
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/mj/1209057115/l50
良スレだと思って引き抜いたら、糞スレだった。


なかなかの良スレ。
今や麻雀板はコテスレの方が良い議論ができるのか
ゲンドウや理想雀士のスレも覗いてみようかな

3つ晒せば地獄が見える。 【芋】
相変わらず四麻、天鳳共に停滞中。
ということで、他の方のブログやら2ちゃんねるやらを徘徊してみようと思う。
なんか久々に更新のあったブログもあったみたいなので。


①福地誠blog: 【麻雀】今日の裸単騎
http://fukuchi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_1eb5.html
福地さんの華麗なる裸単騎でクドー撃破。
そうっすよねぇ~やっぱ7は山にごっそりっスもんねぇ~・・・
ってあなたその7s後引きですから(#^ω^)ビキビキ!


少し裸単騎について言及すると、僕自身は久しく裸単騎をしたことがない。
表現がおかしいか、裸単騎になったことがない。
というか、さらに言えば手牌が4cmになることもほとんどない。
一時期、「副露は2つまでにしろ」みたいな格言があって、
何馬鹿なこと(=オカルト)言ってるのどんだけ~~
なんて思ったものだが、時間は考え方を変えるものだ、今はまんざら嘘でもないなと思ってる。
別に単騎待ちが弱いと思ってるわけじゃないし、巷でよく言われる「鳴くと手牌(待ち)が透ける」なんてことを考慮したこともない。
手牌が短くなると守備が利かない?、ちょっとは考えるか、いややっぱ関係ない。
単純に、手牌が4枚になるような所から、仕掛けなくなっただけだ。


牌譜がないからなんとも言えないが、おそらく福地さんの手はどうしようもない手、アガれるとすれば食いタンしかないという手牌だっただろう。
苦しいが、唯一見えるアガり手順に向かってポンチーポン、以前の僕もそういう打ち方をしていた。
が、ネット麻雀仕立てのこういう仕掛けは、フリー雀荘で打つときなどは特に悪い結果に繋がりやすい。
1つ目の鳴きを入れるとき、ここで鳴くべきか否かを見極める。


②麻雀 収支表 http://tenhou.net/0/?log=2008041221gm-0009-19663-b017dadd&tw=0の観戦記
http://cwc-3-ured-diamonds.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/http.html
天鳳界において、技術、存在感ともに際立っている遊走、
彼が牌譜検討をするというなら、それを読まないわけにはいかない。
いきさつは知らないが、天鳳雑スレで「遊走俺の牌譜をチェックしてくれないか」とこの6段R2065に言われて遊走「じゃあ記事にしたから」みたいな感じだったのだろうか。
まずは遊走の記事を読む前に自分で牌譜チェックをする。


続く
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。