マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芋】 ふかし芋
特上に来てから、かなり天鳳を打つ頻度が増えた。
特上は楽しい。
次から次に強豪が現れるので戦いがいがある。
とりあえず当面の目標はR2100。最近伸び悩み気味だけれど。
久々に、少し戦術について書いてみようと思う。
役牌についての話し。


昨日打った牌譜。
3回も振り込んでトップを逃した情けない牌譜だけど。


そう3回。
僕はこの半チャンで3度役牌を一鳴きせずスルーした。
1回
WS000105.jpg

2回
WS000103.jpg

3回
WS000104.jpg

その内の2つはアガりを拾い、1つは放銃となったがそれは結果論。
とはいえ最近の僕は、役牌一鳴きをしないことが結構ある。
おそらく、天鳳特上の中で最もスルーする部類に入るのではないか。


僕の麻雀が一つのコンセプトによって変わってから、もっとも表面的に現れている部分がこの役牌スルー。
(昔は『芋鳴き』と言われるほど鳴き麻雀だったのに)
もちろんこれがプラスに働いているのかは分からない。
ただ僕が思うのは、麻雀をかなり打てる人でも役牌ポンの判断についてはあまり深く考えない人が多い点。
牌効率に関してはかなり厳密に計算するけれど、役牌は反射的にポンボタンを押していたりする。


「とりあえず鳴いてから考えるか」


ネット雀士にこの傾向は強い。
ネト麻だと打ち手の雀力にかなりブレがある。
弱い人が相手だと、役牌をポンしてなんでもアガりにいっても、咎められることは少ない。
そうやって勝つ内に、役牌は即ポン、という認識が作られていく。
ネト麻だと勝てるのにフリーだと上手くいかないタイプがいるなら、この鳴き麻雀派。
卓で打つと打牌バランスが保てなくなって崩れてしまう。


ポンチーポン →他家からリーチ →放銃
→「なんで俺はこれだけ鳴いてるのに、アイツの面前の方が速いんだよ。」
と自分の不運を嘆き、相手を馬鹿ヅキ認定する。


最近の鳴き麻雀優位という風潮に逆らう形で書いてみた。
とはいえ、役牌は一鳴きするのが8割方は正しい、これも事実。
もし僕を観戦する変わった方がいたら、役牌がトイツのときどうしているか監視していて下さい。
スポンサーサイト

【芋】 エコノミーモードの牌譜機能の改悪。
今までありがとう、プレミアムβ。
エコノミー、氏ね。


かなりの長期間続いていた天鳳のプレミアムβ試用期間がついに終わった。
このプレミアムβというプレミアム課金への誘導作戦は、かなり有効だったのではないか。
久しぶりにエコノミーに戻ってみたが、快適性にかなり差があることに気付かされる。


ヌッーヌッーヌメヌメ(゚∀゚)

とは言え、元々はこれがデフォであり、快適性・操作性を追求してきたつのの努力の賜物である。
そして僕は環境に慣れる性質である、ヌメヌメでも構わない。


しかし、エコノミーモードで牌譜を見ているとき、あることに気付く。
他家の手牌が見れなくなっている。
僕は以前、「他家の手牌を隠せるようにして欲しい」(牌立て機能)と何度も言っていた。
それからしばらくして、プレミアムβには牌立て機能が実装された。
そういう経緯があったので、以前はエコノミーモードモードにおいて他家の手牌がオープンになっていたことを覚えている。


牌を立ててくれ立ててくれと散々言っておいてなんだが、他家の手牌を開けなくなったらダメだろ。
これでは牌譜を見ても、押し引きをチェックできない。
ということは、自分の手牌のみの「場況を考慮しない打牌」(何切るスレでいう平面何切る)しか考えることができない。
実際にエコノミーで牌譜を見れば分かるが、僕みたいに全対局をチェックしている人にとっては本当に深刻な問題である。
例えばだ、「このチートイの8m待ちは良い待ちだからリーチ」と考えたとして、それが本当か確認できない。
まさか他家の手牌を確認するために3回も視点を切り替えろというのか。
36pは危険だから切れない?、じゃあまた3回切り替えなければ。
そんなことをしていたらどんなに時間があっても足りない。


プレミアムとエコノミーで差別化を図りたい、その気持ちは分かる。
けれど、そのために無料版をわざわざ劣悪な設定に落とすというやり方は、あまり好意的ではない。
また、プレミアムβを開放している間になんの説明もせずこっそりとエコノミーの質を下げたというやり方も残念に思う。


僕はそれに気付いた後、すごーく久々にハンゲ麻雀を打ったし、manbooくんが紹介していた闘牌王にも登録した。
課金するか、別のネト麻サイトへ移動するしかないと思ったから。


しかし、課金していなくてもプレミアム版で牌譜再生だけなら出来るということに気付いた。
今はそうやってエコノミーで打ちーの、プレミアムで牌譜を見ーの、とガチャガチャ切り替えながら使っている。

思い立ったが【長岡】
今日、未明に起きると突然牌が触りたくなった。
最近麻雀をしてないからだろうか、その欲望を抑えられそうになかったので
夜中ではあるが出かけることにした。

24時間気ままに打ちにいける店はあまり多くない。
なので必然的によくいく店になる。
長年通っていると自分なりのルーチンビヘイビア(ルーチンワーク)が生まれてくる。

これはいわゆるゲン担ぎであり、
言うなれば気持ちよく麻雀を打つための儀式であろうか

いつもと同じ駐車場の同じところに車を停め、
いつもと同じ自販機でクリスタルガイザーを買い、
いつもと同じコンビニでキシリッシュ(フルーティ)を買う。

そして店に入ると待ち席でメロンソーダを頼み、打ってる最中は一切飲み物を頼まない。

これが俺の決まった動きである。

今日も同じようにこなし、店に入り軽く挨拶をし、メロンソーダを頼む。

店員「飲み物は?」
俺「メロンソーダ」
店員「あ~メロンソーダやめちゃったのよ。」

何ィッッッッッッ!
こんなところで俺が長年かけて築いてきたパターンを崩されるなんて、、、、

俺「じゃあ他の炭酸何あったっけ?」
店員「代わりに山ぶどうスカッシュ入れたんだけどそれでいい?」



YAMA-BUDOU-SQUASHだと??
そんなもので俺の喉が潤うわけがないじゃないか!




俺「じゃあそれで」



・・・・・・・美味いじゃないか

【芋】 良い鳴き & 糞鳴き
東風戦を打ち始めてから、やはり恐ろしくRが下がった。
まぁ段位pt重視で打ってるんだから仕方ないさ・・・と言い訳したいところだが、段位ptも全く増えてない。
まだ上卓なんですけど( ´ω`) これで特上いったらどうなるんだよ( ´ω`)
東風戦で勝てる人たち、マジで尊敬します。


さて軽いクイズです。
WS000095.jpg

今上家がある牌を捨てましたが、僕はこれに鳴きを入れました。
さてなんの牌でしょう?
候補は2つあります。
ちなみにこの後七を見事食い取りました。(よし、狙い通り!)


それにしてもオーラス、自分(西家)20200点持ちの3着。
東家15100 南家24600 北家40100
この状況で2巡目に
(12334678) 39 東南中 ドラ(1)
から(2)を(13)で食った自分に腹が立つ。
つか情けなさ過ぎる。
メンピンドラ1作りにいかなきゃ当然ダメだろ。


やっぱりしばらく東風戦で打とう。
多少バランスを崩すとしても。

フリー日記 悪夢の2戦+お知らせ【長岡】
天鳳の調子が最近ものすごく悪い。
それに連動してかフリーの成績も最近全く奮わない。


3→3→4→1→3着と大幅に負け越して迎えた6戦目、
南3局を迎えて俺は50000点強のトップ目だった。


オーラスの親が自分なのでこの局流せばもう勝ちである。
そこそこの手が入り、8~9順目には六萬九萬のダマピンフテンパイが入っていた。

ここで大トップならやや浮きに回れるかもな・・・と思っていたが
この六萬九萬が果てしなく深い。

モタついていると残り2順、親からリーチが入る。
残り3000点台のラスがいるので、この親リーにはベタオリでいいのだが
都合良く安牌を引いてくる。

ラス巡、親が引きあがる。ツモ牌は九萬

七萬七萬八萬八萬九萬九萬九萬二筒三筒四筒七索八索九索 ツモ九萬

当然のように裏にラス八萬がいてまくられ。
親の河にはトイツがいくつかと14pが放たれていた。
イーペーを確定させていれば良くて6000オールまでだったのではないか?
という疑念まで生まれる。


思わずあの4文字の言葉を口走ってしまった。
「○の氏○」と。

ラス半をかけた7戦目もひどい。
東パツに親の追っかけチートイに即ささり18000+リー棒の支出から、
立て続けに4100オールのツモられ
最後は為す術なくノーテンで終了。

結局負け額は20kを軽く超えてしまった。


不調で片付けてしまいたいところではあるが
最近いろいろな所で疑問を持つことが多い。
要は打ち方の軸がブレていて安定していないのだ

そこでスタイル修正のためにLivetubeで配信することにした。
強者の意見をざくざく取り入れていこうと思う。
主に夜中~朝方にやると思うので見かけたら気軽にコメントしていってください。
ブログと連動するかは未定。

10,000点差 【芋】
昨日のフリー。
オーラスで僕は37100点の親。
南家15800 西家47100 北家0
箱下計算アリなので0点続行のルール。
3着とは離れているので、無理にでも逆転を狙ってもいい場面ではある。


四萬五萬六萬七萬四筒五筒七筒八筒八筒九筒九筒四索五索 ドラ二萬
5巡目の段階で既にここまで手が整ってきていた。
一盃口の目もあるが、それは本線ではないだろう。
ツモ3。
僕は(9)を切る。


そこに再び3をツモってきて悩ましい。
四萬五萬六萬七萬四筒五筒七筒八筒八筒九筒三索四索五索 ツモ三索
※配牌1245の形から21と払っている。
さて456の三色が見える。
かと言ってそれを狙えば七か(8)を切らないといけない。
この2つの牌は共に切るわけにはいかない。


僕は3をツモ切った。
すると(6)をツモってきてテンパイ。
四五六七 (457889) 345 ツモ(6)
(^ω^ ) ・・・これツモってくるんだったらさっき(8)切るんだったな・・・
高め三色になりやすい36待ちでテンパイできていた。
リーチをかければ出アガりでも条件を満たす。


もちろんテンパイには取らない。
(9)切り
四五六七 (456788) 345
そして9巡目に六をツモってきて五八待ちでリーチ。
もしも北家が五八を捨ててきても裏期待で倒す。
4巡後、八をツモった。
裏は乗らず。
2600オールできっちり逆転となった。

好まないテンパイを拒否する打ち方 【芋】
一萬二萬三萬九萬九萬三筒四筒七筒八筒三索四索七索八索 ツモ七筒
こういった形のときに何を切るべきか?
僕は今までこれは(34)落としだと考えてきた。
(ソーズのリャンメン落としでももちろん意味は同じ)
何切る統一スレに常駐して得た考え方である。
(34)切りは(7)をツモ切るのに比べ、受け入れは4枚少ない。
しかし、25や69をツモったとき、縦受け4枚多いシャンテン形にとれる。
一二三九九 (3778) 3478 ツモ5


シャンテン数が少なくなったときに厚く構えられるように打つ。
なぜならシャンテン数が進むに連れて有効牌は少なくなる、これは例外のない真理。
リャンシャンテン時の広さより、シャンテン時の厚さ。


また(4)切りのメリットとして、次に(3)を落とせる余裕があるという面もある。
安全牌を残してもよし、3や7などの縦牌や赤五を引いたときも手牌に温存することができる。


しかし、最近は考え方が変わってきた。
上の形のときには(7)ツモ切りでいいんじゃないか
(7)残しが活かされるのは、ツモ九(7)時である。
しかしそのときにはリーチのみになってしまう。
ならば好ましくないテンパイは拒否する打ち方でいいんじゃないか。
最もピンフの付く確率が高くなる打牌はもちろん、(7)切りである。


また(7)切りには実戦的なメリットがいくつかある。
1つは(7)を先切りすることで、(69)待ちになったときに釣れやすくなる雀ゴロおやじ狂喜乱舞の迷彩効果。
まぁこれはどうでもいいとして、どのリャンメンターツを払うか見極められるという利点がある。
例えば(7)を切ったあと、9がバタバタと3枚切られたなら78を払えばいいし、他家がピンズの混一色に走っているなら(34)を払えばいい。
そういった融通の利く柔軟性が(7)切りにはある。


さて、今日のフリーである。
三索四索六索七索一筒一筒五筒六筒三萬四萬六萬七萬八萬 ツモ三索
「そうそう、この形からはこれを切るのが最近のトレンドさ」
とばかりに僕は3をツモ切り。


下手すぎる自分に失笑した。
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。