マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥沼時の反省会 【芋】
やばい・・・心が折れそうだ。
こんなに勝てなくて、上手くいかないなんて。
東南戦打ってて今までキレ打ちはなかったけど、久々にキレた。
というわけで今日打ってる途中に妄想したことを書いて、その間にちと頭冷やそう。


今日打ったこの1局から。
東2局 南家 2巡目 ドラ發
二萬四萬七萬二筒四筒六筒一索一索四索六索六索西西 ツモ八萬
ここは単純に牌効率で1か西を切るところ。
西を安牌としての意味を込めて1のトイツをはずす。
(3)、六とツモってきて4巡目、
二萬四萬七萬八萬二筒三筒四筒六筒四索六索六索西西 ツモ六萬
ここはもう一捻りする必要があるところ。
ここでもしストレートに(6)を切っても、運よくテンパイしたとしてリーチのみの手。
(6)、4へくっつけてのタンヤオに行く。
捨て牌には1、1、西、西と並ぶ。
そして7巡目だ。
二萬四萬六萬七萬八萬二筒三筒四筒六筒六筒四索六索六索 ツモ六萬
どうしようもなかった配牌がここまで伸びてきた。
ここで何を切るか?
二、六、4、6、シャンテンを維持する打牌は全て受け入れ枚数が同じ。
しかし、正着は一つしかない。
それは四索である。
それはなぜか?
それは(5)や(7)、7をツモって変化したときに、4を切るのと他の牌を切るのとで形が変わってくるからだ。
実戦のように(5)をツモったとき、
もし先ほど4を切っていればこの形。
二四六六七八 (23456) 66
4ではなく例えば六などを切っていたなら
二四六七八 (234566) 66
この形となる。
上は弱いカンチャン部分をリャンカン形で補っているが、下は強い三面チャンの形にフォローが付く形になってしまう。
まぁ食いタン本線を考えれば下の形でも別にいいような気もするけれども(^ω^ ;)


さて、今度は応用問題。
WS000111.jpg
今は不要牌西をツモってきたところで当然ツモ切りだが、このとき僕はこんなことを考えていた。
(もしもここで一をツモってきたら三色にするべきか否か?)
これをもう少し掘り下げると次のような考えに至る。
二萬四萬六萬一筒三筒六筒七筒八筒一索二索三索四索四索 ドラ五筒
ここでもし(3)や(5)をツモってきたのなら六を切ればいい。
そうすれば次に一をツモったときにスムーズに移行できる。
手役やドラを活かそうとすると、効率的に落ちてしまうときがある。
だからいかに効率を落とさずスムーズに移行できるかを考えるといい。


※この記事は08年7月24日に書きかけのまま放置していたものを投稿したものです。
スポンサーサイト
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。