マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き際【長岡】
某おきしんの家に行った帰り、乗り換えた町田でふとフリーへ。
時刻は昼の2時、体力も余っていたので終電まで打って帰ろうと考えていた。

席に着くなり下家のおっさんの愚痴が飛ぶ
「今日ぜんぜんトップとれねーなぁ」
チラっと支払いを見た感じではおっさんは前回も1万点を割ってラスのようだった。

だが自分もピリっとしない。手が入らずツモられ貧乏で
南3を迎えてオーラスの親はあるが12000持ちのラス目になっていた。

しかしここでチャンス手が入る。
9順目でチートイ赤1のテンパイ。
生牌のドラの中単騎でリーチを打つか自分で切っている四筒のスジの一筒で待つか。
自分の選択は1枚切れの一筒単騎。
ダンラス目のリーチには誰もドラの役牌を打ってこない(はず)。なら打点より出アガリが期待できる方がいい(だろう)。

同順、3人共が中を1枚ずつ合わせてオリた。少なくとも中が山にいなかったことは好感触である。

結局ハイテイで引きあがり一筒を引いて裏まで乗って4000・8000の3枚オール
さらに勢いに乗ってラス親で7巡目ポンテン両面の4000オールを引いてトップ。

おっさん「強いねぇ~」
おめぇよりはつえーよと思いながらも愛想笑いだけ返す。

この頃はまだニコニコして点棒を払っていたおっさんだったが
ここから大炎上してしまう。
俺と上家の若者がほぼワンツーを取り続ける中、おっさんは一度も連に絡めず2度程飛んでいた。

以後おっさんの愚痴のレベルアップ

「いやーまた引き負けた」

「ドラアンコ?こっちだって勝負手だよー」

「追っかけにまたささった、ついてね~」

「また引っ掛け!?キミ性格悪いな~(若者のモロ引っ掛けにささった時のおっさん)

はいはい・・・高いよ!(俺の食いタンドラ3赤赤にささった時のおっさん)

なんでこんっなのつかっむっんだよ!地獄北単騎対3面で負けたときのおっさん


ここで3着で粘っていた対面の中年がラス半。待ち客もいないのでメンバーが入るが
おっさんはメンバーに愚痴り続けていた。

その東1局、俺の先制リーチにまたもおっさんが1発で飛び込んでくる。
二索七索を序盤に切って、宣言牌が五索。一発で三索を強打してしまうおっさんはもう救いようがなかった。

東ラスだったか、メンバーがタンヤオドラ3の8000を若者から和了る。
ここで違和感、というか確信だが
このメンバーはおっさんが前巡に切った二萬を見逃した。
あれだけ愚痴を聞かされたらさすがに当たれないのだろう。
若者はそれに気づいていないようだった。

俺はゲームの途中だがここでラス半をかけた。
他に待ち客もいないしこのままこのメンツで続けるのは明白。
変則に打つ奴がいる事で、本来有り得ない事故に合ってしまうのが許せそうになかった。

まだまだこのおっさんから抜くことは可能だが、これもひとつの引き際なのだと思って帰路についた。
スポンサーサイト
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。