マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芋】 「嬉しくないツモ」、という概念。
最近またちょくちょく天鳳で打ち始めている。
Rもやっと少し回復してきた。
Rが回復してくるとちょっと文字を書いてみようか、なんていう煩悩も出てくる。


僕の麻雀は基本スピード麻雀だ。
それは今も昔も変わらない。
東3局 南家 7巡目 ドラ二萬 カンドラ五筒
六萬八萬四筒五索五索七索七索九索白發發發中 ツモ中
しかし最近、スピード以外の指標で打っているのを意識するときがある。


例えば上の形から僕は六萬を切った。
7巡目ということを考えると、どう見ても遅い。
しかしこの手、カン七が残っている限りアガっても大したことにならない。
ならばスピードを犠牲にしてでも、ドラ受けと染め、三元役という攻撃力を残しておく。


「入っても嬉しくない部分を見切る」

これが最近自分が無意識に意識している一つのキーワードになっているようだ。


もっと極端な形でいうとこんなの。
南1局 南家 3巡目 ドラ七索
四萬六萬八萬八萬一筒二筒二筒三筒四筒六索七索八索八索 ツモ三索
実戦ではさすがにツモ切ったが、こんな形からなら一筒を切ってもいいとすら思う。
カン五が入ってのペン(3)はもちろん糞として、最高のツモである(3)ツモすら2600カン五リーチでしかない。
いやもちろんね、そうなったら打ちますよカン五リーチ。
打たないとヌルいから。
けどわざわざその形になるようにリードしていく必要はないんじゃないか。
それより3を残してツモ245辺りに備えておく方がいいのではないか。
余談だけど(12234)の連続形を残しておけばツモ(5)で好形になるじゃないかって部分もあるんだけど、もしそう変化しても(36)が入ったら結局2600カン五リーチになる。
スポンサーサイト
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。