マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芋】 他力本願
ある半チャン、ダマテン三萬六萬八索待ちでタンヤオドラ3をアガった。
他家が加カンをしたカンドラ六萬を隠れ暗刻にしてのアガリだった。


麻雀とはそういうものだと思う。(え?どういうものだって?)


例え自分が完璧に打ったとしても、他家に完璧に打たれてしまうと差は付かない。
他家がミスを犯すことで初めて差がつく。
ある意味、相手のミス待ちゲームみたいなものだ。


東4局、17,300点持ち3着の親番、4巡目。
ドラは(7)。
一萬二萬三萬三萬四萬五萬五萬八萬九萬八索八索南南
気持ちはほぼ混一色。
しかしここでツモってきたのが八索


リーチ。


こうなるともうリーチするしかない。
親である以上、リーチのみ2000点ペンチャン待ちでリーチをかけなきゃいけないこともある。
他家に突っ張られて放銃したとしても、仕方がないと考える。
相手を褒めるしかない。
あとはもう相手次第。


そういった他力本願な気持ちを持つことは、悪いことじゃない。
「どうして勝てないんだ、何がいけないんだ」なんて深刻に思い悩む必要はない。


だから自然に打つ。
ガムシャラにアガりを自分の力でもぎ取ってやろう、なんて考えない。
一番自然な打牌を心がける。
そして一番自然な打牌を知るために場を見渡す。


WS000127.jpg
ここでどうするか?









場の状況をきちんと確認すれば、ここはオリるべき局面のはず。
ここで(6)を切って下家の混一色に満貫振り込む俺、愚鈍すぎる。
こうやってミスをすることで、差が付いてしまうわけです( ´ω`)
スポンサーサイト
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。