マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「後付け戦法」で、後の先をとる。
漫画じゃあるまい、麻雀に必殺技なんてない。


ということで今日は、必殺☆後付け戦法を一つ紹介したい。


2010041012gm-00a9-0000-d16d06d5tw=0ts=5.jpg

南1局の親番、21500点。
なんとしても連荘したいところ。
しかし、ここで出た東を鳴くのを、グッと我慢した。
こういうバラ手のとき、1枚目の役牌を鳴くのを僕は堪える。

大きな理由の一つは、守備的側面だ。
バラ手でガツガツ仕掛け、他家にリーチをかけられて万事休す、そういった事故に遭わないように、あまりに遠いところから仕掛けることは自重する。

しかし、守備面だけでなく、攻撃面でもメリットはあると思うのだ。
それは鳴かないことで、牌を1枚多く保有できるということ。
東を鳴けば、1枚牌を切る。
手牌は短くなり、受け入れは狭くなる。
鳴くのを後回しにすることで受け入れを広く保つ。

鳴きまくっているけれどあまりアガれない、といった早仕掛け派の人は、この「後の先をとる」という感覚を意識して欲しい。

a2010041012gm-00a9-0000-d16d06d5tw=0ts=5.jpg

かなり手牌がまとまってきた。
ここからは残り1枚の東に期待して、ガツガツ後付けで仕掛けていく。


「役牌の1枚目をスルーし、他のターツから仕掛け後付けを狙う」
これが後付け戦法である。
手牌が短くなっても、危なくなったら東2枚を安全牌にして脱出することもできる。


この局は運よく面前でテンパイし、7東のシャボで7700のアガりを手にすることができた。
この戦法、もう1枚の東が山のどこに眠っているのかという運に大きく左右される。
成功率は決して高くはない。
鳴いても間に合わないバラ手のときの、非常手段である。
スポンサーサイト
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。