マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀に「流れ」はある。
さて、今年も残り一日となりました。
来年は寅年ですがお~。
なので麻雀も猛獣のようにアグレッシブに攻めるスタイルで行きたいですね。
ちなみに今年は牛年ということもあり、牛歩スタイルでうわ、何をすくぁwせdrftgyふじこlp;@

09年最後の記事ということで、少し奇を衒ったことを書きたいな~なんて思ったり。



「麻雀に流れはあるのか?」

一時期こんな議論が麻雀界の中で盛り上がっていたように思う。
2ちゃんねるでも4年ぐらい前かな、そういうスレがあり、僕もずっと読んでいたことがあった。
流れ肯定派というのは、デジタル派に馬鹿にされる存在でしかなかったように思う。
雀ゴロ親父が牌効率もまともに理解していないから持ち出す理屈、と言ったふうに。
確かに「流れ」というのは非科学的であり、肯定派はどうしても肩身が狭い。
デジタル派からすれば、流れなんていうのは真っ先に切り離すべき存在だろう。
そういう思い込みを捨てることこそが、デジタルの第一歩、という教訓さえ語られる。
しかし、もう少し視野を広げて、緩やかに見て欲しい。



例えばである。
あなたはオーラス北家トップ目
2着目とは11,000点差
どのようにしてこのリードを守るのか。

8巡目あなたはテンパイする。
2m3m4m8m9m8p8p8p4s7s8s3z3z ツモ9s ドラ8s
ペン七でリーチをかける? それともダマ? いっそ98落として手変わり待ち
一概にそんなもの分かるはずがない。



・・・だろうか?



だが、ここで流れを読むことで正着が見えてくる。
もし他家の手牌が同一であったとしても、突っ張ってくるか、それともオリるのかという流れが見えてくる








・・・・おめぇ、頭ダイジョーブか(孫悟空風)?










しかし、これがあながち冗談でなかったり。
例えばである。
東家25,000 南家19,000 西家20,000 北家(あなた)36,000
こんな状況でもしリーチを掛けるとどうなるか?

そうすれば高確率で親がオリてくれる
親の手牌がある程度まとまっていたとしても、だ。
なぜなら親は流局すれば2着キープ、もし放銃すればラス落ちまであるからだ。
リーチという掛け声がトリガーとなって、親がオリるという流れを作ることができる。



東家19,000 南家25,000 西家20,000 北家(あなた)36,000
今度はどうだ?
今度はリーチを掛けたところで、親は止まってくれないだろう。
手牌がバラ手であったとしても、かなり突っ張ってくるはず。
すると、満貫ツモで捲くられるリスクや、親満直で3着転落になるというリスクの方が怖い。
リーチは打てない。



野球においても、解説者がしばしば「流れ」という言葉を口にすることがある。
6回裏、ノーアウトで四球によってランナーが一塁に出た。
これが0-0の場面であれば、バントをしてくる可能性が非常に高い。
しかし、5-1で負けている側の攻撃なら、バントの可能性はほぼゼロに近い。
このように状況によって、相手の動きを予測することは可能である。
それが「流れを読む」ということではないだろうか?



そしてただ流れを読むだけじゃなく、意図的に自分の有利な方向に誘導していく。
先ほどの例で言えば、ペンチャンリーチを掛けることで親がオリるという流れを作る。
流れ論というのは、そういったゲームメイク力のことだと言えないだろうか。

自分一人の視点からではなく、他家の立場に立って考える。
自分の手牌だけを見ていても分からない。他家との点数差を見ていても分からない。
「2着と11,000点差だから、親満アガられたらアウト。満貫振っても2着。」デジタル的に分かるのはここまでだ。
もしリーチを掛けたら2着目の親がどう対応するか、ここまで掘り下げて想像すること。これもアナログ的論理思考であると言える。



A HAPPY NEW YEAR。来年もまた当ブログを読みに来てください(*´ω`*)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。