マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し引きの数値計算。
次のシーンに関して、少し考えてみた。

押し引き

この局面、押すべきか、引くべきか。
状況を少し説明すると、下家からリーチがかかっている。
対面はほぼ確実にテンパイで、最終手出しが8。その近辺で待っている気配がムンムン。
さて、ここでリーチして攻めたときとオリたときとで、どちらが有利なのか期待値を概算してみた。
(ちなみに結果は4を叩き切って下家にリーロン。安め三色ならずで2000点放銃。対面はドラ対子の69待ち)

【A オリたとき】
横移動 30% ±0
ツモられ 40% -1500
流局 30% -1500

【B リーチしたとき】
和了り 20% 1000+4000
放銃 25% -1000-3500
流局 15% ±0
ツモられ 25% -1000-1500
横移動 15% -1000

各確率とその時の得失点に関しては、僕の中のイメージ。
和了点の方が放銃点より少し大きいのは、ツモアガり時に1翻増えるため。
こんな風に割り振ってエクセルで計算してみると、

Aの期待値 -1050
Bの期待値 -900

と、なった。
多少 Bリーチ の方が期待値が上と出たが、これはまぁ誤差の範囲内だろう。
これぐらいの状況ならリーチするのもオリるのもどちらもアリということだろう。


この計算をしてみて思ったことは、リーチ棒の1,000点がバカにならないということだ。
なぜなら、出したリーチ棒は自分がアガったときには戻ってくるが、残りの80%のケースでは失ってしまうため。


もしリーチ棒を出さないで同様の計算をするとどうなるか。
例えば3900点の仕掛け手でテンパイしていたときだ。
この場合期待値は-100となった。
これならオリたときの期待値-1050と比べて、明らかに押す一手ということになる。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

● 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2013/01/24/Thu 07:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

● -
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2012/10/29/Mon 03:34
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。