マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単騎リーチ 【芋】
親番の9巡目、ドラ5。
二萬三萬五萬六萬七萬七筒八筒九筒五索六索七索八索九索
かなり幸運なツモが舞い降り、このような理想的シャンテンとなった。
この手、大体のツモで迷う必要のない即リーが打てる。
ここから迷うことがあるとすれば・・・
ツモってきたのは四索


これは・・・まず考えるべきはテンパイにとるかどうか。
9を切ってシャンテン戻しという手もある。
9を切れば有効牌はフリテン3面チャン含め一二三四4758の8種。
迷った末に僕は三萬を切り、仮テンにとった。
すぐにノベタン以上に変化できるという思惑だ。
有効牌は四七五八(69)369辺りか(9種)。


その六筒をツモってきた。
ここで即リーで終わりのはずだった。
しかし場を見てみると(69)は残り4枚、下家が軽いピンズ染め模様なので決して良い待ちとは言えない。
むしろ残り3枚の二の方が和了り易いぐらいだ。
迷った末に九筒を切りヤミテン続行。


この地点で既に正解からはズレているのは間違いない。
(69)ツモの地点でリーチをかけられないのなら、手変わりを待つ魅力もさほどないはず。
それならサッサと二単騎リーチを打つべきだ。
大事に大事に和了りに行こうとした結果、リーチを打つタイミングを逸する。
もう終盤に入りつつある巡目なんだ。


次のツモで手変わりがなければ二単騎リーチか、などとズルズル決断を先送りしていると、対面が二切りリーチ。
/(^o^)\
そしておいらは同巡ツモ切りリーチで二単騎で追っかけてみたが、まぁ無理だわな。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。