マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23赤57 【芋】
東2局 南家 3巡目 ドラ三
二萬三萬六萬六萬三筒四筒五筒六筒七筒二索三索五索赤七索 ツモ一萬
こういう牌姿はよく見かける。
赤を使い切る2切りか、それともリャンメン待ち確定の7待ちか。
どちらを切るにせよ、なんとなく切ってしまいそうだ。
僕はなんとなく七索を切った。


実戦では、なんとなく切ることのなんと多いことか。
というより、実戦とはなんとなく切る場所なんだろう。
その場その場で正解を導こうとしたら、時間がいくらあっても足りない。
だから、後からしっかり復習する時間を作る。


2切りと7切りを比較する。
ポイントはツモ(258)のとき。
仮に
一二三六六 (34567) 23赤5 ツモ(8) ドラ三
ならば、赤5切りリーチでよいだろう。
それを考えれば
(258)ツモ時 7切り>2切り
ということが言える。


よって、
7切り有利 ツモ(258)1
2切り有利 ツモ6
五分    ツモ4
であり、7を切るのが正解だろう。


ただしこれは、23赤57から何を切るべきかの一般解ではない。
二三四六六 (34567) 23赤57 ドラ三
これなら2切りがいいように思う。
一二三六六 (34678) 23赤57 ドラ三
これならどちらがいいのだろう?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。