マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配牌を取る【長岡】
「アルティマ」をご存知だろうか?

麻雀ファンなら常識かもしれないが、アルティマとは
「配牌が自動で配られる」全自動卓である。

山を割り配牌を取ると言う作業を省いたこの卓は
非常にサクサク進むし打ち手にしてみても楽だと言えるだろう。


だが、とある条件下においては
この卓は非常に厄介になる事に気が付いた。

それは

序盤を適当にサクサク切ってる奴ばかりの卓に入ると
北家(もしくは西家)の1巡目で鳴くべき牌が鳴けない

という事である。

東家なら時間をかけて1打目を切ればいい。
南家なら時間をかけて1巡目のツモをツモればいい。

だが他の2人には卓の進行をコントロールする術がないのだ。


つまりここで北家西家に問われているのは
バラバラの手牌を見て瞬時に理解し、
手牌から素早く手役を割り出し仕掛けられる所を探す能力である。
付随して理牌の速度も求められるだろう。


この文だけ見るとアナログさを感じてしまうが
アルティマとはそういう台なのだ。

これからフリーに行き始める人は、
是非理牌の練習をしてから行く事を薦めたい。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

● 
これは俺みたいなのに対してのアドバイスですねw
カツカレーうどん | URL | 2008/03/21/Fri 01:13[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。