マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル雀士として 【芋】
一昨日の話しだ。
南2局 南家 10巡目 ドラ八
僕は27,000点持ちの2着目。
ピンズ混一色のイーシャンテンだった。
三筒四筒八筒八筒八筒九筒白 ポン發發横發 ポン一筒横一筒一筒
ここで西家からリーチがかかる。


一萬九筒七萬六萬北七筒
四索南中東横(リーチ)


この日、僕はこの下家のメンバーTに恐ろしく振り込んでいた。
(ちなみにTは以前愚痴記事を書いてしまったTと同一人物だ)
自信ありげにリーチをかけるT。
僕が捨て牌的に比較的通りそうな牌を切ると(例えば中盤に56pと切っているところへの7p)、それが当たる。
吸い込まれるような感覚を覚える。


こういう時、捨て牌の心理戦に持ち込まれてはいけない。
つまり、相手の捨て牌を意識して、微妙に通りそうな牌でも切れなくなってしまうことだ。
そうならないためにはどうするか、相手にリーチをかけさせないことだ。
リーチをかけられ、対応する側に回らない。


とはいえ、またしてもTのリーチと相対することになった。
なんとなく、チートイ臭いリーチ。
一発目に引いてきたのは一索
押すべきか、引くべきか。
逡巡したのち、まず通るだろうと納得して1をツモ切り。
しかし、一発チートイ赤裏裏の12000に振り込んでしまう。


驚いた。
通るはずだ。
というのも、親がソーズの混一色へ向かっていた。
場に1枚切れで残り2枚の1、もし親に1枚でも持たれていたら残りは1枚、アガり目は薄い。
そういう点を考慮すれば、チートイで1待ちは選択しづらいはず、はずなんだが・・・


しかしこの「通りそう」という認識は、間違いだったのではないか。
なぜなら、この「通りそう」と思った根拠は、心理的要因でしかない。
デジタル雀士が視るべきは、心理ではなく牌理。
心理的駆け引き、そういったギャンブルはオカルターに任せておけばいい。


もっと無機質に牌姿を捉えるようになりたい。
そんなことを思いながら、オカルトシステムNO.35に従いラス半をかけた。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

● 
危険牌を通すときに安全な理由を探して通したくなってしまうことはよくあるね。
危険な理由からはどーしても目を背けがち。
感情コントロールの部類なのかなぁ。
長岡 | URL | 2008/04/01/Tue 19:06[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。