マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後の先 【芋】
この局の打ち方を見て欲しい。
僕の中でこの1局はちょっと褒めてあげたい。
3巡目に(45)ターツはずしに出るところは手順。
このリャンメンターツにすんなり手がかかるのは調子がいい証。
ポイントは7巡目、上家が三を切ったところだ。


一萬一萬一萬四萬四萬五萬五索五索南南 ポン九索九索横九索
ここで上家が切った三をスルーした。
まぁ普通なんじゃね?、と思うかもしれない。
けれどこの時僕は南3局で断トツトップ目である。
打点は必要ない、にも関わらず三をチーしてテンパイにとらなかった。


それはここで三をチーすると、「押し返し」ができないからだ。
三をチーしたとする。
おそらくテンパイ一番乗りであろう。
しかし、追いつかれてしまえばジ・エンドだ。


1000点の2枚。
これでは他家からリーチがかかれば当然オリに回る。
いや、リーチしてくれればまだ気が楽だ。
他家から脂っこい牌が出てきて、テンパイかもしれないという気配が出ただけで押し引きに苦しむことになる。
親が2副露目を晒したとしても、もう前へは出れない。


三をチーする代わりに、四や5をポンしたとしたらどうだろう。
打点的にも、枚数的にも、他家と勝負できる形になっている。


「全ツをするに足る形になっているか否か」
それにより押せるのか、オリに回るのかが決まる。


「後の先」という言葉があるが、その感覚に近い。
相手が先に動き出す。動き出したら軌道は変えられない。
すると、後から動いて、先を取る。あざやかである。

後の先高野圭介 essaygonosen html
攻撃は、主動がとれるという利点があるが、一方で不利な戦闘になり損害が多くなりがちという不利点もある。逆に、防御は、有利に戦闘することができることが多いが、防御しているだけでは勝てない。このディレンマを解決できる一つの方法が、「後の先(ごのせん)」である。

後の先について [Sudden Strike 2 Study by Kurt]


この後、南が出てポン。
そしてトイトイには受けず、今度は四を切り出す。
さきほどスルーした三六に受ける。
このチグハグ感が僕には逆に心地いい。
ともかく、押し返せる形になっている。
対面がリーチをかけようとした三で1300点のアガりとなった。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

● 失礼します
24日の22時からブロガー交流戦というイベント(ミニ大会&配信)をやるんですけど、お二方もお時間があるようでしたらいかがでしょうか?

詳細はこちら
http://maglog.jp/jsmidori/Article291690.html
01 | URL | 2008/04/22/Tue 00:11[EDIT]
● はじめまして
>3巡目に(45)ターツはずしに出るところは手順。
とありますが、ちょっとわかりません。教えていただけませんか?
一歩 | URL | 2008/05/03/Sat 22:44[EDIT]
● >一歩さんへ
南3局 北家 3巡目 ドラ3
一一二四五 (45) 5599 南南 ツモ四
のところですね。
チートイのシャンテンで、(45)落とし以外の候補としては二切りかなと思います。
で、もしここで二を切って(36)をツモっても、切る牌に困るんですね。
トイツをはずせばシャンテンが崩れますし、五を切ってはメンツ手としてバラバラです。
一方、(4)を切ればツモ三時には二を活かしてメンツ手とトイツ手を天秤で進められます。


ポイントとしては、二切りだと次に切る牌がないのに対し、(4)切りだと次に(5)を切れる余裕があるということです(*_ _)ペコリ
| URL | 2008/05/04/Sun 03:45[EDIT]
● 
なるほど。よくわかりました。丁寧にありがとうございます。これからは自分が打つ時に、こういう形は注意しておきます。
一歩 | URL | 2008/05/04/Sun 19:04[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。