マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役満あがっても1300円しか勝ててない件。 【芋】
僕の住んでいる地域には数えるほどしか四麻フリーがない。今まで点5フリー店1つとピンフリー1つだけで、価格競争が起こらないため場代も高い。そんな中最近ピンフリーが新たに1つできた。
500円+トップ200円となかなかリーズナブル。
まだ店の認知度自体が低く、客数が伸びず経営不振で早々閉店、なんてことになられるのは困る。応援の意味も込めて行ってみることにした。


その半チャン4回目の東3局北家。
アルティマ卓から出てきた13牌を開くとマンズがドサッと固まっている。(2)がトイツだが、これを切って染め手にもっていくべきか否か・・・とよくよく見ると(2)はトイツじゃなく暗刻っているじゃまいか。
一萬二萬二萬三萬三萬四萬五萬赤七萬二筒二筒二筒西西
ダブリーチャーンス。
上家が第一ツモをツモり、う~んと唸っている。
僕は手変わり変化を調べる。
((一ツモなら一盃口リャンメン待ちの最高変化、ツモ八なら二切りリーチでいい。カン六待ちのままでも当然ダブリー赤の5200(*゚Д゚)ウマー))


「まぁ遊んでみるか」
そう呟いてから五萬を切り出す上家。
続いて僕は六萬ツモ。



ふむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?








「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおツモってやがるぅううううううううううううううう父父ちちちーふぉえええええ~~~~~~~」


という狂喜乱舞を抑えて、「ツモです」と声を出した。
「え!?」という同卓者のほんの少しの空白思考の後、

「ああああああああああああああああああああ」

喘いだのは上家だった。
流せていた。
配牌九種九牌。
九種九牌有りの店。
迷った挙句国士に向かったのだった。
上家が考えている間、余計なこと喋らなくて良かったぁ~(^ω^ ;;)


役満祝儀1000円オールに加え、55,000オーバーで即終了ルール、しかもマルA。
この1局だけで1万以上の収入。
初めて来た僕に、店が次も来て下さいね、とご褒美をくれた。
ありがとうございます、その後もしばらく打って、3→1→4→1→1→3→3→4で結局+1300円で終了です。





俺弱すぎワロタ
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。