マンズ一~九、ピンズ(1)~(9)、ソーズ1~9と表記。 コメントどしどし待ってます(・ω・ミэ )Эアザラシ ※相互リンクは基本的に行わない方向です(´・ω・`)ショボーン 自分が購読しているブログをリンクに載せようと思っています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回公開対局 1/4回戦 その2 【芋】
ちなみに、僕が帰宅したときには公開対局は既に終了しており、ショタ声さんと長岡が牌譜検討をしているところだった。
配信は2回戦目の最初辺りから見始めたので、半チャン1回目は稚児検討を見ずに書いている。
牌譜は公開対局スレに貼られている。
779
:01 ◆0xznX4/.dc [sage] :2008/04/06(日) 23:51:01 ID:??? ◎
[1回戦]
A:〓松井CS〓(-23) B:理不尽大王☆(+3) C:★鉄風少女☆(+32) D:赤い迷路☆*(-12)
http://tenhou.net/0/?log=2008040522gm-0001-12738-34be4664
[2回戦]
A:赤い迷路☆*(-37) B:★鉄風少女☆(-22) C:〓松井CS〓(+49) D:理不尽大王☆(+10)
http://tenhou.net/0/?log=2008040522gm-0001-12738-a51b117f
[3回戦]
A:★鉄風少女☆(+42) B:〓松井CS〓(-21) C:赤い迷路☆*(+5) D:理不尽大王☆(-26)
http://tenhou.net/0/?log=2008040522gm-0001-12738-ef1d78aa
[4回戦]
A:★鉄風少女☆(+40) B:〓松井CS〓(-30) C:理不尽大王☆(-15) D:赤い迷路☆*(+5)
http://tenhou.net/0/?log=2008040523gm-0001-12738-ccec68a4




ちなみに今1回戦東3局まで書いたところだけど、4回戦目については少なくとも記事を書かないつもり。
これは稚児配信でも言ってたように、4回戦目はトータル順位が絡んでくるせいで、ニュートラルな状態と比べ打牌が大きく歪んでしまっているからだ。


公開対局での勝敗の決め方とそのいきさつは、理想雀士ブログに書かれている。
勝ち組の麻雀 麻雀日記:勝敗はトータルの順位率で決める - livedoor Blog(ブログ)
僕個人としては、もともと理想雀士が提唱していた、「各半チャンを独立したゲームとして見る」という考え方に賛同していた。
「条件」という縛りが、打牌を歪ませてしまうのは好ましくないと思っているからだ。
これは東風戦に対しても当てはまる。


ともかく、東風戦4回の順位率で勝敗を決めるということで、各順位の差が等価であることになった。
2着からトップになる価値と、2着から3着に落ちる価値は等しいことになる。
そのことを考えると、東3局3巡目に東をポンしたとき、
四萬六萬八萬二筒二筒四筒五筒六筒六筒八筒中 ポン東東東横
松井CSさんがここから四を切って混一色に向かったのは危険だった。
23,700点の2着目、3着と1000点、ラスとも1300点差しかない。
染めてトップを目指すより、2着目のままオーラスを迎えることが重要な場面だった。


松井CS九段は、ラス回避麻雀を徹底し、それを継続してきた打ち手だろう。
ストイックさという点において、松井CSの右に出る人はいないと言ってもいいはず。
もしこの東風戦が通常の対局であったなら、松井CSさんは2着を守ってラスに落ちない位置をキープしたと思う。
公開対局でもその粘り強さが見たかった。


オーラス。
チャンスがあったのは1000点でOKの2着目理不尽大王。
WS000086.jpg

上家から出た北をポンするかどうか、これに関しては理不尽大王本人が自身のブログで言及しているのでぜひ読んで欲しい。
公開対局自戦記1|ケチョンの日記
状況的に鳴きづらい、という点については完全同意。
・1000点でいい場面で、混一色ドラ2or3という手は必要ない。
・ラスからの満貫直で一気にラス落ちまである
(ただし、天鳳は7700が切り上げじゃないので、その場合は同点で頭ハネ3着になる)
しかしこの手を染めなければ、チートイになる。
アガりトップの場面でのチートイは、混一色と比べても相当苦しい。
その分守備力はあるのだが。
また、無駄に満貫手であることで、3着目の親が不用意に向かっていけない牽制にもなる。
なにはともあれ、ポンの一択ではなかったか。


その後、理不尽大王氏は12巡目にドラの1じゃなく2を切るべきだったと悔やまれていたが、僕はその場面は気付かなかった。
ただ、それよりも14巡目
WS000087.jpg

北も1も2枚切れで、ここは牌効率という面から見て2ではなく北を切るべきだった。
そうすれば同じように進んだとき、16巡目の3をチーしてテンパイに取れていた。
この差は大きかったように思う。


1回戦は鉄風少女のトップで終了。
p.s. 今少し稚児検討を見ていたが、最善手かどうかの判断が僕と違うところはあるとはいえ、取り上げるポイントは大体同じだったのが面白い。
Copyright © 【芋】 麻雀世界 【長岡大明神】. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。